イースト新書Q<br> サギ師が使う交渉に絶対負けない悪魔のロジック術

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

イースト新書Q
サギ師が使う交渉に絶対負けない悪魔のロジック術

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年06月12日 21時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784781680729
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0211

出版社内容情報

断っているのだ。いらないと言っているのだ。それなのに、結局、金を払ってしまう人がいる――。

サギ師たちは悪の心理テクニックを巧みに駆使し、心の壁を取り除く。「自分は絶対にダマされない」と思っていても、その交渉術の前では無力だ。効果が強すぎるため、使い方には重々注意が必要。人生を変える禁断の法則がここに。

★もくじ

はじめに 「このロジック」が、あなたの人生を左右する

第1章「一瞬で心をつかむ」悪魔のロジック術
1「聞く7:話す3」で話を進める 
2「マッキンゼー式」で話のポイントを「3つ」に絞る 
3「ぶっちゃけ話」で親近感を持たせる 
4相手を持ち上げて期待に応えさせる 
5「二択式」トークで決断を迫る 
6スッと引くことで「この人を裏切れない」と思わせる 
7「でも」「しかし」「だけど」は絶対に言わない 
8相手に「そうですね」「なるほど」しか言わせない 
9「Y字路」話法でどちらに転んでもよい流れをつくる 

第2章「思い通りに人を操る」悪魔のロジック術
10「フレームワーク思考」で視点を翻弄する 
11原因を「シンプルな公式」に落とし込む 
12「仮説思考」で相手の判断力を奪う 
13最初は少しだけ「損」をしておく 
14相手の悩みを「数値化」する 
15 結論を出す「期限」を区切る
16ファースト・コンタクトは「つなぎ役」に任せる 
17過去の「顧客」に再びコンタクトを取る 
18マイルールを押し付けて「罪の意識」を持たせる 

第3章 「相手をその気にさせる」悪魔のロジック術
19「無料贈呈」や「返品OK」で負い目を感じさせる
20まず与えることで「自ら動きたくなる気持ち」を持たせる 
21小さな「YES」を積み重ねて当事者意識を持たせる 
22相手の性格を「モデル化」して会話を組み立てる 
23「周囲もやっていますよ」と恐怖感を煽る 
24結婚や恋愛への「焦り」を利用する 
25「NO」を逆手に取って言いがかりをつける 
26「曖昧な記憶」につけ込む 

おわりに 絶対に捕まらないサギ師が駆使する「数学的思考」

★「はじめに」より
この書は諸刃の剣であるゆえに、悪用厳禁であることを強調しておきたい。
人々が身を守る術を得るとともに、法を遵守したうえで、健全な経済発展のツールとして役立てられることを強く望むものである。

内容説明

心を「一瞬でつかむ」、深層心理を活用して「思い通りに人を操る」、心の距離を縮め「相手をその気にさせる」…なぜ話がすんなりと耳に入ってしまうのか。なぜ自らの情報をペラペラと話したくなる心境にさせられるのか。なぜ悩みが解決されたような気になるのか。反論ができないような状況をいかにして、つくり上げているのか。潜入調査に定評のある著者が、サギ師の話し方から発見した、ビジネス心理戦に生かさない手はない「ロジック」の極意。

目次

第1章 「一瞬で心をつかむ」悪魔のロジック術(「聞く7:話す3」で話を進める;「マッキンゼー式」で話のポイントを「3つ」に絞る;「ぶっちゃけ話」で親近感を持たせる ほか)
第2章 「思い通りに人を操る」悪魔のロジック術(「フレームワーク思考」で視点を翻弄する;原因を「シンプルな公式」に落とし込む;「仮説思考」で相手の判断力を奪う ほか)
第3章 「相手をその気にさせる」悪魔のロジック術(「無料贈呈」や「返品OK」で負い目を感じさせる;まず与えて「自ら動きたくなる気持ち」にさせる;小さな「YES」を重ねて当事者意識を持たせる ほか)

著者等紹介

多田文明[タダフミアキ]
ルポライター、キャッチセールス評論家、悪質商法コラムニスト。1965年北海道旭川市生まれ。日本大学法学部卒業。キャッチセールスのみならず、詐欺・悪質商法、ネットを通じたサイドビジネスに精通する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件