イースト新書Q<br> 自衛官という生き方―仕事と生き方

個数:

イースト新書Q
自衛官という生き方―仕事と生き方

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2018年11月19日 14時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784781680521
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0295

内容説明

誰もがその存在は知っている自衛隊。しかし「毎日どんな仕事をしているの?」と問われたら―?じつは戦闘職種ばかりではなく、給与計算などをする会計科、慰問などで演奏をする音楽科、交通整理や犯罪捜査をする警務科など、想像以上にたくさんの仕事があります。本書では主に陸上自衛隊の新入隊員からその後のキャリア形成、幹部自衛官の仕事までを一望し、特殊な職場ならではのエピソードや、仕事の魅力、プライベートなど多岐にわたって紹介します。

目次

1章 自衛隊という職場(さまざまな「職種」が存在する巨大組織;慢性的な人材不足 ほか)
2章 陸上自衛隊幹部として(君は兵隊になるのか;教育隊の成績でその後が変わる? ほか)
3章 我々の業界(恐るべき情報網;自衛隊の競技会 ほか)
4章 自衛官という生き方(クセ者ぞろいの空挺団;救出部隊置き去り事件 ほか)

著者等紹介

廣幡賢一[ヒロハタケンイチ]
1962年、岡山県生まれ。元2等陸佐。桃山学院高等学校、甲南大学法学部卒業。1987年に陸上自衛隊に一般幹部候補生として入隊。第4普通科連隊小銃小隊長を皮切りに、幹部候補生学校区隊長、第1空挺団普通科中隊長・大隊長、東部方面混成団教育大隊長などを歴任。特技は幹部レンジャー43期(r)、空挺基本降下215期(a)。2017年に定年退職。現在、大日精化工業株式会社ハイテックケミ成田工場に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

誰もが知っている自衛隊。戦闘職種ばかりではなく、給与計算などをする会計科、慰問などで演奏をする音楽科などたくさんの仕事がある。主に陸上自衛隊の新入隊員からその後のキャリアなど多岐にわたり紹介。