師匠 歌丸―背中を追い続けた三十二年

個数:
電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

師匠 歌丸―背中を追い続けた三十二年

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2018年09月19日 06時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784781616933
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0095

内容説明

一九八五年、東京理科大生の無口な男がなぜか落語家を志し、桂歌丸の門を叩いた。けっして弟子をほめない歌丸だったが、その陰では無限の愛情を持って弟子を支えていた。不器用な弟子はそれに気づかず、ついには「クビだ」と怒られてしまうが…?数々のしくじりを重ね、悪戦苦闘しながらも、師匠の背中を追い続けた日々。弟子と師匠の三十二年を赤裸々に語る。

目次

第1幕 入門(直訴;おかみさん;本当に行くべきか;一次面接;生い立ち ほか)
第2幕 前座(同期;前座見習い;歌丸流、前座の身のこなし方;前座仲間;教育実習には行くな ほか)
第3幕 二ツ目(二ッ目前夜;二ッ目昇進;まずはおかみさんに;「おまえはいったい、誰の弟子なんだ」;クビ宣言 ほか)
第4幕 真打(真打前のしくじり;真打昇進;「真打になったとく、どうするか」;「笑点」でしくじった;真打披露興行 ほか)
最終幕 それから(初心に返る;認めてくれたのかもしれない;最大のほめ言葉;師匠のせなか)

著者等紹介

桂歌助[カツラウタスケ]
1962年9月19日、新潟県十日町市生まれ。1987年東京理科大学卒業。大学在学中の1985年12月、師匠歌丸に入門し、歌児となる。1986年5月、前座になる。1990年6月、二ッ目に昇進、歌助に改名。1999年5月、真打昇進。古典落語を中心に活動。2018年、国際NGOマラリア・ノーモア・ジャパン「第五回ゼロマラリア賞」受賞。各所で高座をつとめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

理科大出身、教師志望の男が、なぜ落語家になったのか?桂歌丸、初の直弟子が語る師匠と弟子の珍道中。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件