マクルーハンはメッセージ―メディアとテクノロジーの未来はどこへ向かうのか?

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

マクルーハンはメッセージ―メディアとテクノロジーの未来はどこへ向かうのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 22時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784781616704
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0036

出版社内容情報

ケヴィン・ケリー氏(『〈インターネット〉の次に来るもの』著者)、落合陽一氏(メディアアーティスト)推薦!

目次

第1章 メディアのパラドックス(クギ世界からの脱出;エリザベス女王の苛立ち ほか)
第2章 マクルーハンの理解(マーシャル・マクルーハンとは誰だったのか?;マクルーハンの銀河系 ほか)
第3章 グローバル・ビレッジの未来(マスメディアになったインターネット;グローバル・ビレッジの夜明け ほか)
第4章 21世紀のマクルーハン(100歳にしてネット時代に甦る;ベル・エポックと現在のメディア状況 ほか)

著者等紹介

服部桂[ハットリカツラ]
1951年、東京都出身。早稲田大学理工学部で修士取得後、1978年に朝日新聞に入社。80年代の通信自由化の際、米通信系ベンチャー企業に出向。87年から2年間、米MITメディアラボ客員研究員。科学部を経て、出版局で「ASAHIパソコン」副編集長、「DOOPS」編集委員、「PASO」編集長。94年に新聞紙面で初のインターネット連載。その後、企画報道部でデジタル面、科学部でbeを担当。2011年から同社ジャーナリスト学校シニア研究員。メディア研究誌「Journalism」編集を担当。16年に朝日新聞社を定年退職後フリーに。著書に『人工現実感の世界』(日刊工業新聞技術・科学図書文化賞優秀賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

2
ダイジェスト版からの要約 マーシャル・マクルーハンは1964年に『メディア論』により、当時はまだ、意味合いが不明確なテレビを中心とした電子メディアの姿を、独特な表現で理論化して世に問うた。写本の時代からさらに遡って、文字以前の聴覚や触覚が支配した部族的な世界に大きな憧れを抱いた。そしてその失われた社会が、電子メディアが世界規模に拡がって人間同士を関与させる事で、物理的な村よりもっと大きなスケールで新しい共同体ができ、それが逆に村(メディアビレッジ)のような小さなスケールで感じられるというイメージを描いた。2018/06/28

Kaname Funakoshi

1
マクルーハンは概要はよく耳にするし、マクルーハンを前提に議論されることが多いのだけど、僕は原典を読んだことがなかったので他人事のように聞いていた。そのマクルーハンの解説書。確かにメディアに対する現代の捉え方から見て違和感がない説を唱えていたらしい(全てに違和感がないわけではない)。かといって、現代社会をマクルーハンが作ったかというと、それはちょっと言い過ぎなのではないかとも感じる2021/04/20

Makoto61

1
マクルーハンをこの本を読むまで、恥ずかしながら知らなかった。この本を読んでみてもっとマクルーハンについて興味が湧いてきた。最後に付いている100の言葉だけでも非常におもしろい。活字から電子メディアへの移行は単なる置き換えで無いことを50年以上も前に見抜いていたことが驚き。新しいテクノロジーは常に過去のものの置き換えではなく、新たな環境であり、古いテクノロジーとなってようやく理解できるようになるというのは本当にそうだと思う。まさにコンピュータの理解はスマホになってようやくできるようになったと思う。2019/12/10

すーさん

0
学生時代から気になっていたマクルーハン。マクルーハンの論考を簡潔に紹介しつつ、マクルーハン自身の人となりについても知ることができる。そしてマクルーハン理論の世間の受け止め方と現代への適用なども。宣伝文句にあるように「マクルーハンの入門書」としてざっくりと概要を知ることができるので良かったです。2018/06/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12831022

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。