いまなお原爆と向き合って―原爆を落とせし国で

個数:
  • ポイントキャンペーン

いまなお原爆と向き合って―原爆を落とせし国で

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月24日 20時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 211p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784780712384
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

目次

1章 『母の証言』(原爆投下直後のこと「思い出しとうない。何も言いとうない」;原爆投下直後のこと「地獄絵より酷い。ああもう続けられん」;原爆の次の日「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」;原爆のまた次の日 白骨になっていた彌太郎伯父さん;原爆から一週間 人間って死なんもんじゃね;原爆から一ヶ月 だから生きている;原爆から二ヶ月「わたしの人形」)
2章 ヒロシマからアメリカへ(そのとき私たちは;母は強し;アメリカへ)
3章 ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマ―俳句・短歌・詩で綴る自分史(渡米・結婚・帰化;私の証言;ヒロシマ ナガサキ フクシマ)
4章 いまこそ核兵器の廃絶を!

著者等紹介

大竹幾久子[オオタケキクコ]
旧姓:古田幾久子。大阪市で生まれる。1945年5月頃両親の出身地である広島市に戻る。1945年8月6日、広島市西区打越町で原爆に被爆、負傷。その後、「原爆症」になり、その年の11月頃まで病床に臥す。父を原爆で亡くす。広島の五日市小学校、ノートルダム清心女子中学校、国泰寺高等学校卒。津田塾大学卒業後、1968年に渡米結婚。以後、米国カリフォルニア州に在住。修士号を取得して、カリフォルニア州立大学などで日本語を教え、非常勤助教授として引退。現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。