まなぶっく<br> みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」―戦跡から平和を学ぶ本

個数:
電子版価格 ¥1,641
  • 電書あり

まなぶっく
みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」―戦跡から平和を学ぶ本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月24日 01時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784780418835
  • NDC分類 K209
  • Cコード C8031

内容説明

戦いによる「負の遺産」を心に刻み争いのない世界への想いをあらたに!二度の世界大戦の戦跡を中心に、軍事施設跡や内戦の爪痕などを紹介。歴史や背景もわかりやすく解説。

目次

日本の戦争遺産(原爆ドーム―核の恐ろしさを唯一伝えることができる国、日本;大久野島―毒ガス製造のために地図から消された島;大阪砲兵工廠跡―世界に誇る日本最大の兵器工場;陸軍第16師団跡―師団の名前が溶け込んだ街 ほか)
世界の戦争遺産(バンザイ・クリフ―日本人が身を投げた死の崖;硫黄島―約2万人の日本兵が戦死した、太平洋戦争の激戦地;コレヒドール島―100年以上、他国に支配され続けた島;南京大虐殺記念館―論争が続く南京事件、その犠牲者慰霊と教育のための施設 ほか)

出版社内容情報

日本・世界の戦争と、それにまつわる「戦争遺産」を紹介し、今の小学生に継承する一冊。日本・世界の戦争と、
それにまつわる「戦争遺産」を紹介し、
今の小学生に継承する一冊。

戦いによる「負の遺産」を心に刻み
争いのない世界への想いをあらたに!

二度の世界大戦の戦跡を中心に、
軍事施設跡や内戦の爪痕などを紹介

歴史や背景もわかりやすく解説

調べ学習に役立つビジュアル版

● 原爆ドーム ( 広島 )
● 平和記念像 ( 長崎 )
● 東京湾要塞の猿島 ( 神奈川 )
● 沖縄平和祈念公園 ( 沖縄 )
● バンザイ・クリフ ( サイパン )
● ナチスドイツ強制収容所 ( ドイツ/ポーランド )
● スタリ・モスト ( ボスニアヘルツェゴビナ )
● クネイトラ ( シリア )
● キリング・フィールド ( カンボジア )
● クチの地下道 ( ベトナム ) 他


人類の歴史は常に戦争とともにありました。
人々は資源や土地、
思想やプライドを賭けて争い、
その跡にはたくさんの悲しみが残ります。

それは日本も同様で、
近代兵器による戦争が始まると、
戦いは海を越え多くの人々や建物、
土地を破壊し戦略していきました。

世界にはこのような争いの影響を受けた軍事施設や工場、
戦争に関する建造物や事件の跡地がたくさんあり、
これらを「戦争遺跡」と呼びます。

「戦争遺跡」から得られる情報は貴重で、
現在は史跡や文化財に指定され、
保存されているものも多くあります。
これらは「負の遺産」であり、
当時のできごとを知る教材でもあり、
平和の問題を考えるきっかけとなるものです。

歴史の感じ方や捉え方はひとによって異なり、正解もありません。
ただ、事実として、
目をそむけたくなるような
「悲惨な悲しい歴史」があったのは確かです。

この本を読んで戦争を知り、
平和の大切さを学び、
また自分自身で考え・感じてもらい、
みなさんの学習を深めることができればと願っています。

歴史学習研究会[レキシガクシュウケンキュウカイ]
著・文・その他