虫喰う近代―一九一〇年代社会衛生運動とアメリカの政治文化

個数:

虫喰う近代―一九一〇年代社会衛生運動とアメリカの政治文化

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779507670
  • NDC分類 368.4
  • Cコード C3022

内容説明

20世紀初頭の反売買春運動はアメリカに何を残したか。科学者・ソーシャルワーカー・財界人らによる社会改革の主導権争いが、現代アメリカの基層に刻みつけた痕跡。そして、変動の芽。

目次

序章 ゆれるアメリカを担うのは誰か―一九一〇年代「売買春問題」史をひらく
第1章 権威の争奪戦―一九一〇年代反売買春運動のゆれる争点
第2章 性衛生学と社会改良―医師プリンス・A.モローのジレンマ
第3章 ソーシャルワークの倫理と科学―「社会」の発見と橋頭堡としての性衛生学
第4章 連携、競合、膠着―アメリカ社会衛生協会という場
第5章 実践という契機、実効性という解―第一次世界大戦期の社会衛生運動
第6章 挫傷を負う社会衛生運動―一九一九年、基地厚生活動委員会の終わりと手放された「実効性」
終章 虫喰う近代―一九一〇年代反売買春運動から考える

著者等紹介

松原宏之[マツバラヒロユキ]
1971年大阪府に生まれる。1994年一橋大学社会学部卒業。1997年東京大学大学院総合文化研究科修士号取得(学術)。2005年カリフォルニア大学サンタクルーズ校歴史学研究科博士号取得(Ph.D)。現在、横浜国立大学院都市イノベーション研究院准教授(専攻/歴史学、アメリカ史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。