憲法のおもしろさ―憲法に欠けているもの余計なもの (第3版)

個数:

憲法のおもしろさ―憲法に欠けているもの余計なもの (第3版)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月20日 18時02分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 227p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784779305962
  • NDC分類 323.14
  • Cコード C3032

目次

憲法は素晴らしいが、何の役に立つのだろう?
戦後の日本はヘソによってつくられた―憲法成立の裏側
天皇の給料(皇室費)は、お仕事にみあっているか
ウルトラマンは地球を守るために戦う?
自由が先か、平等が先か
大岡政談にみる黙秘権と無罪の推定
言論の自由は「言いたいことを言う権利」ではない
教育の主体は国家?それとも国民?―『23分間の奇跡』を素材に
幸福追求権の中身と自己決定
参政権があるだけでは民主主義とはいえない―多数決の原理の不思議
統治機構(国会・内閣・裁判所)は人権を守る手段である
国会と国会議員の実像
内閣と議院内閣制の不思議
司法権―不思議な司法の住民たち
地方自治―『吉里吉里人』にみる地方と中央

著者等紹介

山本聡[ヤマモトサトシ]
1957年新潟県長岡市生まれ。1980年明治大学法学部卒。1983年明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了。2007年国立国会図書館客員調査員。現職:神奈川工科大学教職教育センター副センター長、教授

渡辺演久[ワタナベノブヒサ]
1976年東京都生まれ。1999年明治大学法学部卒。2004年明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了。2009年朝日大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現職:神奈川工科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。