進駐軍がいた頃―東京新聞記者として

個数:

進駐軍がいた頃―東京新聞記者として

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年07月21日 18時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779125409
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C0021

内容説明

戦後入社記者第一号として東京新聞へ。焼け跡の敗戦国・日本のあちこちに進駐軍がやってきて、世はまさに、マッカーサーのGHQによる占領期だった。新聞記者たちはGHQの逆鱗にふれながら、どうふるまったか?著者は、その実体験を語る!

目次

1 行列買いの旧・東京新聞(4ページ夕刊紙に人気;社長室は“土足厳禁” ほか)
2 GHQの逆鱗にふれて(白昼堂々の麻薬取引;米大統領も絞首刑に? ほか)
3 進駐軍文化ひろがる(洋モクが“日の丸”;進駐軍の命により… ほか)
4 家庭面も芸能面も(社会面整理部で苦楽両面;念願の文化部へ行ってみたら ほか)
付・「世相猟奇と猥色文化の年表」

著者等紹介

長谷川卓也[ハセガワタクヤ]
1925年に大阪市生まれ。1945年に旧制官立大阪工業専門学校(現・大阪府立大学工学部)を卒業。同年に社団法人東京新聞社へ入社、社会・整理・文化の各部記者。1967年に東京田辺製薬株式会社(現・田辺三菱製薬株式会社)へ入社、役員を3期、1974年に退任。一般社団法人日本推理作家協会名誉会員、書皮友好協会顧問、一般社団法人現代風俗研究会・雑学倶楽部・向田邦子研究会の各会員。読売新聞大阪本社の「昭和57年・エッセー読売賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

マッカーサーGHQ占領時代。進駐軍は日本中に…GHQの逆鱗に触れながら、走り回った戦後入社第一号記者が語る占領期の実相!戦後入社第一号記者が語る占領期の実相!



焼け跡の敗戦国・日本のあちこちに進駐軍がやってきた。

世はまさに、マッカーサーのGHQによる占領時代だった。



新聞記者たちはGHQの逆鱗に触れながら、

どうふるまったか? 

復興のさまざまなエネルギーの溢れる東京の

社会を走り回った記者の実体験。

まえがき





1 行列買いの旧・東京新聞



 4ページ夕刊紙に人気



 社長室は?土足厳禁?



 業界トップの給与



 新聞代無料を目ざす



 初の理工科系出身記者



 名物芸能記者2人のこと



 たった25年での死



 癩病院で一夜



 拳銃取引にかかわる



 いきなり下山・三鷹事件



 サツ回り悲歌



 女探偵の娘が議員の母





2 GHQの逆鱗にふれて



 白昼堂々の麻薬取引



 米大統領も絞首刑に?



 ゾルゲ事件の調書で聴取



 A級7戦犯処刑の朝



 払税者(タックスペイヤー)をMPが尊敬



 GHQのV・DやB&W対策



 本当の本邦初のキス映画





3 進駐軍文化ひろがる



 洋モクが?日の丸?



 進駐軍の命により……



 中国要人が予見したこと



 中国大陸帰りの怪人物



 秘聞1949年秋



 新築大邸宅の蔵の中



 地下鉄はフリーパス男



 美男記者ひっかかる



 有名人シロクロを見る



 戦後初の国際文化団体とは





4 家庭面も芸能面も



 社会面整理部で苦楽両面



 念願の文化部へ行ってみたら



 婦人家庭面の面白さ



 投稿コラム「あけくれ」創設



 デスクと映画評をかけもち



 米空母艦上で試写会



 荷風映画のモデル





付・「世相猟奇と猥色文化の年表」

長谷川 卓也[ハセガワ タクヤ]
著・文・その他

GHQクラブ編集部[ジーエイチキュークラブヘンシュウブ]
編集