世宗(セジョン)大王のコリア史―ハングル創製と李朝文化

個数:

世宗(セジョン)大王のコリア史―ハングル創製と李朝文化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月20日 12時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779117701
  • NDC分類 289.2
  • Cコード C0022

内容説明

民に思いをはせ、民のための文字を創り、李朝の豊饒な文化の源となった“世宗”。その治績と人となりが今ここによみがえる。

目次

1 世宗の登極―星に祈る
2 倭寇を討つ―朝鮮王朝と室町幕府
3 銅のゆくえ―金属活字の発明
4 武から文へ―中国名著と国書の刊行
5 北辺の紛争―火薬と火砲の改良
6 気象をつかむ―天文儀器と農業政策
7 ハングルの誕生―偉大なる文字
8 うるわしき漢城―李朝文化の源流

著者等紹介

片野次雄[カタノツギオ]
1935(昭和10)年、東京都大田区生まれ。30年以上にわたり、民族学的な見地から僻村の取材を行なうかたわら、李氏朝鮮を中心に歴史研究を続ける。95(平成7)年、著述を通して日韓友好に寄与した功績により、大韓民国政府から感謝状を授与された。また山岳カメラマンでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。