「働かないおじさん問題」のトリセツ

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

「働かないおじさん問題」のトリセツ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月17日 13時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784776211488
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0036

出版社内容情報

様々な業界で約2000人の中高年キャリア開発を手がけた
人事コンサルタントが、心理学、キャリア論に基づいた
「働かないおじさん問題」の解決策を伝授します!!

「働かないおじさん問題」でお悩みの
人事部のみなさん、上司のみなさん、ミドルシニア本人、
なぜ、問題がなかなか解決しないのでしょうか。

次に紹介することわざに、そのヒントが隠れています。

「馬を水辺につれていけても水を飲ませることはできない」

馬は無理やり引っ張って水辺に連れていくことはできても
飲むことまでは強制できません。
馬が自発的に飲もうとしない限り、
水を飲ませることはできないのです。

仮に、上司や人事が職務権限で「働かないおじさん」を
無理に変えようとしても、
いい結果には結びつかないでしょう。

「働かないおじさん」本人の感情や意思を
伴わない変化はすぐに陳腐化します。

では、どうすればいいのか。
それは、働かないおじさん本人が
周囲からの適切な働きかけをきっかけに
自らの意思で、自らの人生を充実したものにするために
前向きに変化に踏み出すことが重要なのです。

「綺麗ごとを言うな」と思われるかもしれませんが
その方法はあります。
本書に掲載されています。

ただし、簡単にできるというわけではありません。
その方法を実践するにあたり、一つの条件があります。
それは、「働かないおじさん問題」は、
本人だけでなく、上司、人事にも責任や問題があることを自覚し、
三位一体となって問題の解決に取り組む覚悟を持つことです。

本人、上司、人事の3者が本気になって
問題解決に協力してまい進する体制を実現できれば
事態は大きく前進します。

本書では、問題解決のための環境づくりも含めて
「何を、どうすればいいか」
詳しくご紹介しています。
ぜひ、ご一読ください。

内容説明

この本には「働かないおじさん」を強制的に変化させる方法は載っていません。「働かないおじさん」が、周囲からの適切な働きかけで自らの意思で、自らの人生を充実したものにするために前向きに変化に踏み出すための具体的な方法を心理学やキャリア論のロジックや事例を交えながら、詳しくご紹介しています。

目次

第1章 「働かないおじさん」問題とは何か
第2章 問題解決を遅らせている「三すくみ」
第3章 「働かないおじさん」を生む3つのズレ(人事向けトリセツ)
第4章 「働かないおじさん」戦力化の5ステップ(上司向けトリセツ)
第5章 「働かないおじさん」が変化する4ステージ
第6章 もしも「働かないおじさん」と同じ部署になったら?(同僚向けトリセツ)
第7章 人生100年時代、活き活きと働くキャリア戦略
特別対談 ミドルシニアが輝くために

著者等紹介

難波猛[ナンバタケシ]
マンパワーグループ株式会社シニアコンサルタント。1974年生まれ。早稲田大学卒業、出版社、求人広告代理店を経て2007年より現職。人事コンサルタント、研修講師として日系・外資系企業を問わず2000人以上のキャリア開発を支援。人員施策プロジェクトにおけるコンサルティング・管理者トレーニング・キャリア研修等を100社以上担当。官公庁事業におけるプロジェクト責任者も歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みなのん

23
ここでいう働かないおじさんとは、単にサボっている人ではなく、真面目に頑張っているのに上手く働けないミドルシニアを指す。そんなおじさんにならないためには、副業でもパラレルワーカーでもいいので、定年後も自分を売れるものを考える必要があるとのこと。明日死んだら自分はどう思うか?自分の持っている武器は?など聞かれてもすんなり答えられない私は働かないおばさん候補だな。常に外部から刺激を受けて自分をアップデートしながら、生涯現役で働きたいなぁ。ミドルシニアだけでなく、若手にも響く内容でした。2021/12/29

TAKA0726

10
働かないおじさんの多くは、真面目でコツコツ働くが生産性低下や会社期待とギャップがある。本人、上司、人事の三位一体の問題解決が重要。働かないではなく働けない事が問題。WILL(やりたいこと)MUST(やるべきこと)CAN(できること)がパフォーマンスを上げる必要不可欠条件。ベテランでも能力やスキルが不足、ネガティブフィードバックで、できない理由ではなくやらない目的を考える。陰口を言っても意味がない必要なら「表口」を言う。自身で定年ではなく「停年」を決める。パラレルキャリア、プロボノで心理的、社会的報酬を得る2021/11/18

Tenouji

8
あきらめる、という説明があるのが、泣ける。2022/03/16

クリアウォーター

5
★★★★★本書は、「働かないおじさんが、期待以上の成果を上げる」ための問題点や対応策について考察している。決して、「働かないおじさん」への期待値を下げたり排除するための方法が書かれているものではない。本書に書かれていることは、ミドルシニアに限ったことではなく、若手にも通じる内容だった。本書への期待値は、チームメンバーのエンゲージメント向上についてのヒントを得ることだったので、この期待値は十分に満たすことができた。また、自分も「働かないおじさん」になってしまわないように、自分自身への戒めとしても役に立った。2021/11/23

ヨミトロール

5
少子高齢化で労働力が足りない。そんな事を言っているのにミドルシニアのモチベーションは成り行きに任せ、働かなくなったら排除する。なんか変だね。CXをやって自立していかないとお互い苦しくなるよ。古き良き時代の先輩たちが羨ましく見える、というのは正直あるかもね。2021/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18507178

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。