今日が人生最後の日だと思って生きなさい

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月18日 07時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 159p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784776208952
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0095

出版社内容情報

余命宣告をされた瞬間、人が死に面した時、何を思うのか。どうすれば、死という苦しみを受け入れられるのか。「死は誰にとっても等しく怖いものではない」「目前に死が迫っているときでさえ、人は生きる意味を見出せる」「伴侶、孫、故郷、過去の栄光。本当に大切なものを知るヒントは、100人いれば100通り」ほか、今を丁寧に生きるための心得を掲載。

内容説明

二八〇〇人を看取った医師が教える人生にとって大切なこととは。

目次

第1章 明日の自分に宿題を残さず、今日を生きる(「最後の日」を正しく迎えるために、一日一日をきちんと終えていく;なんでもない今日に感謝できる人は、本当の幸せを知っている ほか)
第2章 人生最後の日に何をするか(最後の一日は、「人生に納得する」ためにある;この世に生きているだけで意味がある。平凡で価値のない人はいない ほか)
第3章 苦しみから、人は多くのことを学ぶ(苦しみは決して「悪」ではない;希望と現実のギャップが苦しみを生む ほか)
第4章 二八〇〇人を看取ってわかったこと(使命感を持って進むとき、道はひらける;死が目前に迫り、意識がなくとも周りの声は届いている ほか)

著者等紹介

小澤竹俊[オザワタケトシ]
1963年東京生まれ。87年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。91年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。救命救急センター、農村医療に従事した後、94年より横浜甦生病院ホスピス病棟に務め、病棟長となる。2006年めぐみ在宅クリニックを開院。これまでに2800人以上の患者さんを看取ってきた。医療者や介護士の人材育成のために、2015年に一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぱんにゃー

149
【ひとそれぞれ】 2週間前に義母が体調をくずしたとき、本人は「今晩寝たらいよいよ死ぬんだわ」と思ったそうです。「目が覚めたら生きていたのよ」と、先日笑って話していましたo(^▽^)o /まだまだ生きたいという〔欲〕。他の年寄りに負けたくないという〔比較〕〔競争〕。これがあるから日本は長寿なんだなぁ。平和だー(´▽`)2016/03/01

雪風のねこ@(=´ω`=)

144
ホスピスで多くの人を見送ってきた経験から記された格言は、大変ためになる。私は恥ずかしながら死ぬのが怖い。たまらなく怖い。過呼吸にもなるし外出する気にもなれない日ばかり。だけどそれは手に入れた物は絶対に手放したくないという心が、自らをも縛り付けてしまっているのだろうと思う。ただ過呼吸も、自らの勝手を戒める物であると考えれば、感謝すべき物である。そうでなければ無茶をして既に命を失っていたのかも知れないのだから。便利な世だからこそ明日が必ず来ると確信もなく人は信じているけれど、それが希望と現実のギャップと(続2017/02/27

えちぜんや よーた

92
自己啓発本です、ただし生を謳歌するためではなく、死を受容すための。死の前には必ず苦しみが存在する。少年ジャンプ的な発想であれば、「努力して克服せよ(もしくは神様が甦らせてくれる)」だが、そんなことは決しておっしゃらない。逃れられない痛みや苦しみの前には人間は無力であること。そのことを自覚したときにはじめて苦しみが緩和され、希望の光が見える。自分もいろんな意味で長年の間、「生」と「死」の境目を漂ってきて今に至るからすごく共感できた。2017/03/21

Tui

53
死を迎える人と残される人へ語りかけるエッセイ。ホスピスという生死の濃度がとても濃い環境に携わる医師が、人生や苦しみのとらえ方について日々葛藤する中で感じたことを、やさしい言葉で伝えてくれている。悩み苦しむ人が誰か近くにいるなら、もしそれが自分自身なら、どなたにも読む価値のある本だと思います。印象的だったのは、『苦しみを抱えている人がいたら、できるだけ「この人、暇そうだな。こちらから声をかけてみようかな」と思ってもらえるような雰囲気を作る』という文。苦しみは誰の別なく打ち明けられるものではないんですね。2017/01/10

壱萬弐仟縁

44
独りで抱え込んでいたものを手放し、誰か、あるいは何かにゆだねる大切さ。そういったことに気づき、幸せとは何かを知る(4頁)。命が終わりかけたとき、その人が生きた意味がわかる(14頁)。最終段階を迎えた人が穏やかな気持ちになるためには、身体の痛みが少ないこと、心の苦しみが和らぐことが必要不可欠(16頁)。書名の意図は、今日が人生最後の日だとしたら、どう生きたいかを考えてみてほしかった点にある(19頁)。真実は、死を前にして大切だと思えるものに宿る(32頁)。2016/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10275183

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。