今日が人生最後の日だと思って生きなさい

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年06月29日 14時30分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 159p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784776208952
  • NDC分類 490.15

内容説明

二八〇〇人を看取った医師が教える人生にとって大切なこととは。

目次

第1章 明日の自分に宿題を残さず、今日を生きる(「最後の日」を正しく迎えるために、一日一日をきちんと終えていく;なんでもない今日に感謝できる人は、本当の幸せを知っている ほか)
第2章 人生最後の日に何をするか(最後の一日は、「人生に納得する」ためにある;この世に生きているだけで意味がある。平凡で価値のない人はいない ほか)
第3章 苦しみから、人は多くのことを学ぶ(苦しみは決して「悪」ではない;希望と現実のギャップが苦しみを生む ほか)
第4章 二八〇〇人を看取ってわかったこと(使命感を持って進むとき、道はひらける;死が目前に迫り、意識がなくとも周りの声は届いている ほか)

著者紹介

小澤竹俊[オザワタケトシ]
1963年東京生まれ。87年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。91年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。救命救急センター、農村医療に従事した後、94年より横浜甦生病院ホスピス病棟に務め、病棟長となる。2006年めぐみ在宅クリニックを開院。これまでに2800人以上の患者さんを看取ってきた。医療者や介護士の人材育成のために、2015年に一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

余命宣告をされた瞬間、人が死に面した時、何を思うのか。どうすれば、死という苦しみを受け入れられるのか。「死は誰にとっても等しく怖いものではない」「目前に死が迫っているときでさえ、人は生きる意味を見出せる」「伴侶、孫、故郷、過去の栄光。本当に大切なものを知るヒントは、100人いれば100通り」ほか、今を丁寧に生きるための心得を掲載。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件