年とった愛犬と幸せに暮らす方法

個数:

年とった愛犬と幸せに暮らす方法

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872905618
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C0077

出版社内容情報

専門獣医さんによる愛犬がよろこぶ「シルバーライフ」の過ごし方!
本書では、愛犬のさまざまな病気、ガン、肥満、ボケなどを防ぐ日頃の予防策から、
飼い主さんの心構えまでをわかりやすく教えます。

内容説明

愛犬と、ずっと幸せに暮らしたい人へ。犬と人が良いパートナーとして、長らく生きるために必要なことを獣医師さんがていねいにおしえます。愛犬がよろこぶ具体的アドバイスがいっぱい。

目次

第1章 犬が年をとるということ―「ヘルス・スパン」をのばすために
第2章 症状から見る犬の老齢病―こんな症状があらわれたら、即獣医さんへ!
第3章 長く健康に暮らせる、老犬のための食生活―肥満を防いで楽しい老後を
第4章 愛犬の老後を快適にするしつけと運動方法―年をとっても愛犬と楽しく遊ぼう
第5章 若いころから習慣づけたい老犬のためのケア―毎日のこまやかな心がけで寿命はのびる!
第6章 老いていく愛犬と暮らす心得―飼い主も犬も明るく楽しく

著者等紹介

小林豊和[コバヤシトヨカズ]
獣医師。グラース動物病院院長。動物に好かれる病院、動物の健康と長生きのサポートを理念とし、1993年にブラース動物病院を開設。予防医療中心の日々の健康管理から、より高度な専門性の高い医療まで、一生涯のホームドクターを目指している。食事指導、肥満管理にも積極的に取り組み、2010年より手作り無添加ドッグフード「マスターピース」の製作・販売を手がける。帝京科学大学非常勤講師/ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟)講師/ペット栄養管理士/産業カウンセラー((社)日本産業カウンセラー協会認定)

五十嵐和恵[イガラシカズエ]
獣医師、犬のしつけインストラクター。1971年生まれ。日本獣医畜産大学(現日本獣医生命大学)獣医学部を卒業後、都内動物病院で臨床獣医師として勤務。しつけや問題行動治療の重要性を感じ、アメリカに渡りコーネル大学などで行動治療学を学ぶ。帰国後「ベストフレンド・ペットの行動クリニック」を開設し、おもに問題行動のカウンセリングや動物病院でのしつけ教室を行う。現在はアメリカに在住し、日本からはメールや電話でのしつけ相談を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆びっちゅ☆

2
老いは、必ず来る。別れの日も来る。だけど、その事を悲観して過ごすより、今日1日を、愛犬と過ごす今、この時間を大切にしていくことが、今できる一番のことだって改めて気付かされた。 2012/05/17

アンゴ

0
★★★★☆ 犬の老化について、飼い主と犬にとってどのような過ごし方が良いか考える材料を包括的に取り上げる。筆者の考えを押し付けることなく、こう考えたらどうでしょう、という姿勢で記述。愛犬の老化を受け入れ、単なる寿命でなく、少しでも幸せな日が伸びることを願っている。なぜなら筆者が「別れの日までたくさんの愛情と感謝の気持ちを込めて過ごせることが、愛犬との死別を癒す一番の処方箋」だとわかっているから。2022/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4691664
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。