うつから帰って参りました (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

うつから帰って参りました (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月26日 10時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784776205418
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

「私をスキーに連れてって」「病院へ行こう」「僕らはみんな生きている」「彼女が死んじゃった。」など数々の作品を手がける人気脚本家が書いた、爆笑と感涙のうつ病体験記。

目次

第1章 ハイ!(十歳にしてラリってた;夢とも悪夢ともつかない熱が宿った ほか)
第2章 安曇祐子という女(外国人に言葉を教えるという快感;父たちへのオマージュ ほか)
第3章 悪いジャンキー(うつ病患者は自分を病気だと思わない;もう…書けない ほか)
第4章 良いジャンキー(お手々つないで;願いはひとつ、「消えてなくなりたい」 ほか)
第5章 石井ゆかりという女(僕のかわりに自殺した人;再び、魔都へ ほか)

著者等紹介

一色伸幸[イッシキノブユキ]
脚本家。1960年、東京都生まれ。青山学院大学中退後、1982年に「火曜サスペンス劇場・松本清張の脊梁」(松本清張原作/古田求共作)で脚本家デビュー。映画、ドラマ、アニメ、舞台、ゲームなど数々の人気脚本、まんが原作を手がける。映画「病院へ行こう」「僕らはみんな生きている」で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。