ファイナンス・ライブラリー<br> 金融市場の高頻度データ分析―データ処理・モデリング・実証分析

個数:

ファイナンス・ライブラリー
金融市場の高頻度データ分析―データ処理・モデリング・実証分析

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年01月19日 05時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 196p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784254295436
  • NDC分類 338.1
  • Cコード C3350

出版社内容情報

金融市場が生み出す高頻度データの特徴や代表的モデル,分析方法を解説。実証分析も示す。

林高樹[ハヤシタカキ]
慶應大学教授

佐藤彰洋[サトウアキヒロ]
京都大学助教

目次

1 高頻度データとは
2 高頻度データ分析の方法
3 探索的データ分析
4 価格変動のモデルと分析
5 ボラティリテイ変動のモデルと分析
6 取引間隔変動のモデルと分析
7 ボラティリティ・相関の計量
8 テール・リスクの評価
9 外国為替市場の実証分析
10 エージェント・モデルによる金融市場の解釈

著者等紹介

林高樹[ハヤシタカキ]
2000年シカゴ大学大学院統計学研究科博士課程修了。コロンビア大学大学院統計学研究科助教授を経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授、首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻特任教授。Ph.D.(統計学)

佐藤彰洋[サトウアキヒロ]
2000年東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了。現在、京都大学大学院情報学研究科助教、科学技術振興機構さきがけ研究員、キヤノングローバル戦略研究所研究員。博士(情報科学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

日々

2
6 点 金融市場における高頻度データについて、価格変動・ボラティリティ変動・取引間隔・テールリスクといった分野での各種の理論の紹介と日本市場に当てはめての解説を読める本。個人的には、高頻度データを機械学習に食わせるための前処理の参考にもなった。2018/10/30

ひらくん

0
わからない2016/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10909718

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。