多文化共生の地域日本語教室をめざして―居場所づくりと参加型学習教材

個数:

多文化共生の地域日本語教室をめざして―居場所づくりと参加型学習教材

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2022年08月11日 17時53分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 181p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775402504
  • NDC分類 810.7
  • Cコード C3037

出版社内容情報

本書の特長
・活動をより豊かなものとするための参加型学習事例多数掲載
・教室を多面的にとらえるための居場所感調査キットが
 本書にて利用可能に(専用WEBページよりダウンロード)
・待望の地域日本語教室の実践者のための本がついに完成

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室はどこをめざしていくのか。
「居場所」と「参加型学習」をキーワードに、20年間の実践事例を交えて解説。
地域日本語教室実践者はもちろん、日本語教育、自治体関係者必読の書。

第1章 地域日本語教室の居場所づくりとは?多文化共生施策の観点から
1 地域日本語教育と多文化共生 
2 地域日本語教室と居場所  
3 日本語教室を居場所にするための道具として?多文化社会型居場所感尺度と教材の開発
4 居場所づくりをコーディネートするための役割と専門性
第2章 多文化社会型居場所感尺度と地域日本語教育での活用法
1 心理学における「居場所」から「多文化社会型居場所感尺度」へ
2 居場所感調査の分析方法と結果の読み解き方
3(1)居場所感アンケートの活用事例 
 ? 活動を充実させるために
 ? 日本語教室の必要性をアピールするために
 ? 活動の課題を見つけるために             
 ? 支援者の役割意識に変容を起こすために
 ? 居場所と居場所感尺度への理解を促すために
(2)活用事例解説
第3章 地域日本語教室の居場所づくりのための教材と実践
1 参加型学習と居場所づくり
2(1)参加型学習教材と実践事例
生活マップ                                      
 ?同じ地域に暮らしているんだ! 
 ?どんな「日本語」を学習したいの?  
 ?3週連続実施すると、見えない場所が見えてきた  
 ?支援者が、使いたい!使える!と実感することがスタート  
部屋の四隅
 ?日本語学習は母語からスタート!  
 ?ボランティア養成講座の初日は雰囲気作りから     
フォトランゲージ  
 ?写真の奥に見えるもの   
 ?一人一人が語る物語  
私の宝物  
 ?宝物をおまつりで発表しよう  
 ?本当の「宝物」って?     
(2)実践事例解説

CINGA地域日本語実践研究会[シンガチイキニホンゴジッセンケンキュウカイ]
著・文・その他/編集

内容説明

地域日本語教室は何を目指すのか。居場所から考える。

目次

第1章 地域日本語教室の居場所づくりとは―多文化共生施策の観点から(地域日本語教育と多文化共生;地域日本語教室と居場所;日本語教室を居場所にするための道具として―多文化社会型居場所感尺度と教材の開発 ほか)
第2章 多文化社会型居場所感尺度と地域日本語教育での活用法(心理学における「居場所」から「多文化社会型居場所感尺度」へ;居場所感調査の分析方法と結果の読み解き方;居場所感アンケートの活用事例 ほか)
第3章 地域日本語教室の居場所づくりのための教材と実践(生活マップ;部屋の四隅;フォトランゲージ ほか)