ハヤカワ文庫<br> 百億の昼と千億の夜

個数:
電子版価格 ¥668
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
百億の昼と千億の夜

  • 提携先に3冊在庫がございます(2017年11月23日 11時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 473p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150310004
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

西方の辺境の村にて「アトランティス王国滅亡の原因はこの世の外にある」と知らされた哲学者プラトンは、いまだ一度も感じたことのなかった不思議な緊張と不安を覚えた…プラトン、悉達多、ナザレのイエス、そして阿修羅王は、世界が創世から滅亡へと向かう、万物の流転と悠久の時の流れの中でいかなる役割を果たしたのか?―壮大な時空間を舞台に、この宇宙を統べる「神」を追い求めた日本SFの金字塔。

著者紹介

光瀬龍[ミツセリュウ]
1928年東京生まれ。東京教育大学理学部卒業後、文学部哲学科に学ぶ。1962年“S‐Fマガジン”に発表した「晴の海1979年」で本格的作家デビュー。幅広い分野に健筆を揮った。1999年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)