幻想と怪奇〈7〉ウィアード・テールズ 恐怖と冒険の王国

個数:

幻想と怪奇〈7〉ウィアード・テールズ 恐怖と冒険の王国

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月19日 06時04分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775319529
  • NDC分類 908.3
  • Cコード C0098

出版社内容情報

1923年、狂騒の20年代のさなか、シカゴに創刊した奇妙な雑誌『ウィアード・テールズ』。
それまでのパルプマガジンにはなかった「幻想と怪奇」の専門誌だ。伝統的なゴースト・ストーリーや怪物譚にとどまらず、クトゥルー神話や蛮人コナンの冒険など、SFを含む新たな怪奇と驚異、恐怖と冒険の物語を掲載、H・P・ラヴクラフト、ロバート・E・ハワード、クラーク・アシュトン・スミス、シーベリー・クインら特異な作家たちの活躍の場となった。ジャズエイジからロックンロールとコミックの50年代まで、自由な想像力の王国としてアメリカ全土の読者を熱狂させた、伝説の雑誌のグリンプスを、ここに伝える。

内容説明

1923年、狂騒の20年代のさなか、シカゴに創刊した奇妙な雑誌『ウィアード・テールズ』。それまでのパルプマガジンにはなかった「幻想と怪奇」の専門誌だ。伝統的なゴースト・ストーリーや怪物譚にとどまらず、クトゥルー神話や蛮人コナンの冒険など、SFを含む新たな怪奇と驚異、恐怖と冒険の物語を掲載、H.P.ラヴクラフト、ロバート・E.ハワード、クラーク・アシュトン・スミス、シーベリー・クインら特異な作家たちの活躍の場となった。ジャズエイジからロックンロールとコミックの50年代まで、自由な想像力の王国としてアメリカ全土の読者を熱狂させた、伝説の雑誌のグリンプスを、ここに伝える。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

帽子を編みます

66
柳下亜旅「蛙中人」の感想です。最初の文章を読み始めたら、流れるようにツルツルと物語世界に入り込んでいきました。文章が呼吸と合うようで、目が追う速度、息を継ぐ長さと一致するかのようです。骨董市で買った蛙の置物から始まる物語。素晴らしい幻想世界が広がりました。蛙たちの食事シーン、神さまになるために求められる儀式、脱出するための方法、結末、あったかもしれない、でも見たことがないような、語りが素晴らしいお話でした。一読の価値ありです。2021/09/03

あたびー

41
#日本怪奇幻想読者クラブ 今号は雑誌「ウィアード・テールズ」の威光を偲ぶ特集。ラヴクラフト、アシュトン・スミス、ハワードら、そしてシーベリー・クインのクリスマス譚に至るまで十二分に堪能させてもらった。ウィアード・テールズとはどんな雑誌だったのかの解説。井上雅彦氏と深田亨氏の今号の趣味に沿った短編。投稿により掲載されたのは勝山海百合氏の翻訳と、伊藤なむあひ氏、そして不肖子の短編でした。お腹いっぱい!2021/09/03

ワッピー

31
読み友さんの作品を読むために買ったものの、それ以外は1年超の放置後に読了。ワッピーの放置歴の中ではごく軽微な部類で済みました。『ウィアード・テールズ』の復刻に新投稿も加えたもので、ラヴクラフト・スミス・ハワードの御三家、女性作家特集、北欧や聖書に材を採った幻想譚など読み応えある巻でした。グラビアの表紙特集も時代を感じさせてまたよし。国産の作品もまた大いに楽しめました。ワッピー的には隠秘な世界をのぞく「降誕祭」、ヴァイキングとメシアの交錯「道」、そしてコミカルかつ妙にSFチックな「蛙中人」が印象的でした。2023/01/02

Yui.M

21
『天使についての試論』by 伊藤なむあひ、設定がぶっ飛んでいるし、読んでいくうちに人間の残酷さは置いておいて(!)「天使」なるものがどんどん気味の悪い生き物に思えてくる。引き込まれて読んだ。(読み始めてすぐにガルシア・マルケスの天使を思い浮かべたが作者の思惑通りということか) 『蛙中人』by 柳下亜旅、蛙が好きでなければ思いつかないだろう蛙の世界。女房の所に戻れるのかはらはらした。が、まさか帰ったのがあそこ(?)だなんて。面白く読み進めた。2021/09/28

5〇5

5
ワクワク、ドキドキの「ウィアード・テールズ」の特集です。この世ならざるもの、フリーク、ヒロイック・ファンタジー、マシン・モンスター、怪奇現象、魔女などなど自由な発想と奔放さが楽しいですね。読んで面白いB級的なエネルギーを感じます。紹介されている表紙絵もパルプマガジンらしくて見ていて飽きません。2022/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18318700
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。