愛蔵版 英雄コナン全集〈1〉風雲編

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

愛蔵版 英雄コナン全集〈1〉風雲編

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月22日 02時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 512p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784775318843
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

英雄コナンの物語が、寺田克也氏の
イラストとともに甦る!

〈英雄コナン〉は、夭折したロバート・E・ハワードが一九三〇年代に『ウィアード・テールズ』などに発表したヒロイック・ファンタシーのシリーズで、これまで幾度か翻訳書籍が刊行されている。
本書は、〈新訂版コナン全集〉(東京創元社 二〇〇六-一三)」を基に、訳者・中村融氏が全面改稿。新たに新資料も加え、全四巻にてお送りする。
第一巻「風雲篇」の収録作は以下の通り。

【収録作品】
氷神の娘/象の塔/石棺のなかの神/館のうちの凶漢たち/黒い海岸の女王/消え失せた女たちの谷/黒い怪獣/月下の影/魔女誕生
〈資料編〉死の広間(梗概)/ネルガルの手(断片)/闇のなかの怪(梗概)/闇のなかの怪(草稿)/P・S・ミラーへの手紙/ハイボリア時代

著者等紹介

ハワード,ロバート・E.[ハワード,ロバートE.] [Howard,Robert E.]
アメリカの小説家。1906年、テキサス州に生まれる。少年時代から小説家を目指し、25年にデビュー。以降、パルプマガジンに広範なジャンルの作品を寄稿。32年発表の「不死鳥の剣」で“英雄コナン”の冒険を開幕させ、ヒロイック・ファンタシーの礎を築いた。36年、自死

宇野利泰[ウノトシヤス]
翻訳家。1909年、東京に生まれる。訳書多数。怪奇幻想小説の訳書に、ブラッドベリ『10月はたそがれの国』、ブラッティ『エクソシスト』などがある。ほか、ラヴクラフト、ハワードの翻訳も手がけた。97年歿

中村融[ナカムラトオル]
米文学翻訳家、アンソロジスト。1960年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パトラッシュ

106
英雄コナンなくして今日のヒロイック・ファンタジーの隆盛はないが、そのコナンを初のハードカバーで、しかも決定版といえる翻訳で一代記として読み返すのは至福の時間。若き蛮人が剣と魔法の世界であまたの怪物や魔術師と戦い、己の正義を貫き美女に愛される姿は、小狡い権力者や陰謀家など吹き飛ばす迫力に満ちている。その強健な筋肉のから発する圧倒的なカリスマ性と統率力こそ、一介の放浪者から帝王まで上り詰めるパワーの根源なのだから。唯一、初めてコナンのドラマに導いてくれた武部本一郎のカバーとイラストで飾られてないのが残念だが。2023/01/01

へ~ジック

5
ヒロイック・ファンタジーの金字塔、つまり俺TUEEEEの古典。ソースは不明ながら子供の頃から知っていたこの作品、愛蔵版の発売を機に買いました。良いですねこの表紙。一口に俺TUEEEと言っても色々あるが、圧倒的な気力と筋力で人を惹きつけ危機をねじ伏せるバランス感覚が良い。特に良いと思ったのは「石棺のなかの神」。他の男が怖れを為して逃げる中、喧嘩を売ってきた「そいつ」を取り合えず切り殺してから邪神の眷族と気付いて逃げ出すというお茶目ぶりが可愛かった。2022/12/14

gibbelin

5
蛮人コナンの文明批評のセリフは、今読んでも面白いな。2020年代文明への警鐘にもなっている…!ということではなくて、疎外感を感じさせられている社会を、言葉の剣でもついでに斬っちゃう快感ね。2022/07/05

キュー

3
以前からいつかは読みたいと思っていたのでこの愛蔵版発売を機に読んでみる事にした。なるほど色々なヒロイックファンタジーの祖という感じか。翻訳物は苦手であまり読んで来なかったんだけどこれは意外に読みやすいかなと思った。思っていたより怪奇色のある話も多くてその辺は怪物が出ては来るけど最近のヒロイックファンタジーにはあまり感じられ無い物なので逆に新鮮だったかも。一つ気になったのは解説ではヒロイックファンタジーではなくヒロイックファンタシーと濁点が無かった呼称で呼んでいた事。本場ではそうなの?2022/10/29

endo_ta

2
旧版と新訂版も持ってたけど、抜けがあったのでまとめて買ってしまった。小学生の頃に金曜ロードショーでコナン・ザ・グレートをみてからずっと好き。映画版のコナンと原作版ではイメージが違うけどどっちも好き。収録の話では「氷神の娘」が短いけどコナン感あって好き。 ミステリーっぽい話とかクトゥルーっぽい話とか良し悪しはあるとおもうけど楽しめた。寺田克也のイラストもすごくいいがちょっとしかない。 本が分厚いので、寝転がって読んでいるとコナンみたいなムキムキになれるんじゃないかな2023/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19779531
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。