MORNING STAR BOOKS<br> 勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした〈5〉

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

MORNING STAR BOOKS
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした〈5〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月25日 21時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 323p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784775316344
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

死王と混浴露天風呂! 創造神と海水浴!?

勇者召喚に巻き込まれた快人は、元の世界に帰るまでの1年間を平和な異世界で過ごすことに。
特別な存在である魔界の王や神界の女神たちと親しくなっていく快人は、次第に誰からも一目置かれる存在に。
そして、魔界へと向かった快人は、巨大な竜王マグナウェルと出会い、アイシスとの再会で楽しい魔界の三日間を過ごすが……。
幻王ノーフェイスの正体が――ついに明かされる!? 「モーニングスター大賞」大賞受賞作、衝撃度UPのシリーズ第5弾、大幅加筆&改稿でお届け!

灯台[トウダイ]
著・文・その他

おちゃう[オチャウ]
イラスト

内容説明

幻王ノーフェイスに渡されたカードで、魔界へ足を踏み入れた快人。アイシスの居城へ向かう途中、リリウッドの案内で魔界の見学をしていたところに現れたのは、あまりにも巨大な竜王マグナウェルだった。そのあと、再会したアイシスとともに、快人は3日間の楽しい日々を過ごすことになるが、アイシスから意外なセリフを聞かされることに―。そして、幻王ノーフェイスの正体がついに明かされる!?衝撃的な展開が続く「モーニングスター大賞」大賞受賞作、第5巻!

著者等紹介

灯台[トウダイ]
岡山県出身。2017年に第1回「モーニングスター大賞」で「勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした」が大賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆき

0
幻王ノーフェイス……一体誰なんだ?解き明かされる謎と、新たなる伏線。シリアス度が加速するように見えて、やはり糖度は衰えるどころか加速度的に甘さを増す。死王と混浴露天風呂!創造神と海水浴!!あらすじの時点でヤバいキーワードだらけ。下手な敵よりも、主人公の理性を殺しにかかってくるイベントの数々は悶えること必至である。他の人の前で読んではならない。勿論表紙を飾る某美少女ヒロインの活躍も目を離せないポイントだ。このコンビのじゃれ合いが好きなので、見ているだけで嬉しくなる。変わらぬ甘さと平和の世界。だがそれが良い。2018/11/18

モブ2

0
とりあえず嫁候補がいっぱい明らかになった回かな? 凄いなぁ神界と魔界のトップも嫁候補だし、将来不老不死も手に入りそうだしね。 あと微妙に魔王のフラグも立ってるしまたカイトが連れてきそう2021/12/19

ぎゃばん

0
再読2020/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13227650

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。