COSTUME BOOKS<br> ヴィクトリア時代の衣装と暮らし

個数:

COSTUME BOOKS
ヴィクトリア時代の衣装と暮らし

  • 提携先に4冊在庫がございます(2017年11月21日 19時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775313442
  • NDC分類 383.1
  • Cコード C0077

内容説明

紳士淑女から庶民までヴィクトリアン・ファッションが大集合!!

目次

第1章 街と村の人々の衣装(ブリスツ・ヒル・ヴィクトリアン・タウン;ビーミッシュ)
第2章 お屋敷の使用人たちの衣装(シャグバラ)
第3章 ディケンズの時代の人々の衣装(ロチェスター・ディケンズ・フェスティバル)

著者紹介

石井理恵子[イシイリエコ]
雑誌編集者を経て、現在フリーランスのライター兼エディターとして活躍中。映画、テレビ、ペット、旅行関係(おもに英国)のジャンルで執筆するほか、ブログ「英国偏愛」にて、自身の英国体験や、気になる英国情報を公開している。静岡県出身

村上リコ[ムラカミリコ]
翻訳家・文筆家。19世紀から20世紀初頭にかけての英国の日常生活、特に家事使用人、女性と子どもの生活文化を中心に活動している。千葉県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)