鉢植えでも楽しめる物語と伝説の植物―四〇種の栽培ガイド

個数:

鉢植えでも楽しめる物語と伝説の植物―四〇種の栽培ガイド

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 17時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 195p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775309315
  • NDC分類 627
  • Cコード C0061

内容説明

マンドラゴラだって育てられる!神話伝承から童話や映画、偉人伝まで「お話」に登場する植物のエピソード&育て方を紹介。植物の物語を読める!物語の植物を育てられる!新しい栽培ガイド。

目次

第1章 妖精の宿る植物たち(イングリッシュブルーベル;ガジュマル ほか)
第2章 物語に登場する植物たち(アグラオネマ;アボカド ほか)
第3章 偉人にまつわる植物たち(アオキ;アカンサス ほか)
第4章 人と生きる植物たち(イギリスナラ;イチョウ ほか)

著者等紹介

榛原昭矢[ハイバラアキヤ]
園芸研究家・ライター・編集者・写真家。1963年生まれ。國學院大學文学部卒業。いけばな流派の財団職員として会員向け月刊誌の編集に携わり、退職後に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gururi

14
栽培ガイド付きだから、育ててみたくなる。ある意味危険。植物目当てで映画や物語を選ぶのも良いかも。2023/10/18

MOTO

6
永遠に観覧していたい『植物園』みたい。物語ではお馴染みの名の知れた植物から、発見すると嬉しいあの草花までの伝説と栽培のコツを紹介。育ててみたくなる。2021/05/15

アズサ

3
マンドラゴラが実在していただなんて... 知らなかった...恥。植物の由来や歴史、文化的背景などが分かり面白い。植物目当てで映画を選ぶのも面白いかもしれない。読み物としてだけでなく栽培ガイドがついているのも面白い。マンドラゴラ、育ててみたい。2018/08/25

3
タイトル通り、物語や伝説に登場する植物を育てみよう、という本。本当に育てられるんだ!というのはマンドラゴラくらいかな?あとはこの植物にはこんな伝説があったんだ、とか、この物語の植物がこれだったんだ、とか、こんな植物絡みの伝説が、とか。どの目線から見ても興味深くて楽しかった。中にはそれを育ててどうするの(色んな意味で)という植物も、育て方&入手方法を説明してあり、売ってるからには育ててる人もいるんだろうなぁ。2015/10/11

ろばこ

3
伝説や物語、映画などに出てくる植物の育て方ガイド。ファンタジー系だけかと思ってたらそうでもない。星の王子様のバオバブや映画『レオン』に出てきた観葉植物、マンドラゴラなんかも。気になった植物だけ流し読み。写真もきれいで読みやすいと思う。2014/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8237007
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。