モンゴル帝国が生んだ世界図

個数:
  • ポイントキャンペーン

モンゴル帝国が生んだ世界図

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 21時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 299p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784532165857
  • NDC分類 290.38

内容説明

20世紀初頭に西本願寺、1988年に長崎・本光寺で見つかった二つの「混一疆理歴代国都之図」。朝鮮王朝が絶えず中国地図の入手に腐心し改訂版を作りつづけた理由は何なのか、さらにはこれら一連の地図は日本にいったいいつ到来したのか、日本でどのような意味をもったのか。本巻は、これらの疑問をひとつひとつ解決しながら「混一図」系の複数の世界図ができるまでの過程をなぞるとともに、とうじ中国、朝鮮、日本の王侯貴族、僧侶たちに共有されていた「知」のありようと、地図を権力の象徴、道具として用いた各王朝の政治的事情を描く。

目次

プロローグ 「混一疆理歴代国都之図」をたどる旅
第1章 二枚の原図をもとめて(清濬と「混一疆理図」;李沢民と「声教広被図」)
第2章 世界はわれらのもの―モンゴル朝廷の「地図」プロジェクト(天文観測と暦;東西世界の合体)
第3章 「中華」の伝統と新たな世界像(清濬たちの参考書―モノクロームの地理情報;『事林広記』の世界―国と時代を越えたベストセラー)
第4章 王権の象徴として―「混一疆理歴代国都之図」の誕生とそのご(高麗の遺産;朝鮮から日本へ―江戸幕府と世界図)
エピローグ いつか来た道・あらたな地平

著者紹介

宮紀子[ミヤノリコ]
1972年生まれ、徳島県出身。1999年京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。専攻は中国文学。京都大学人文科学研究所助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

欧州、アフリカがはっきり描かれたアジア最古の世界図「混一彊理国都之図」とは何か。その地図が示す当時の人々の世界認識はどのようなものか。過去の歴史常識を覆したこの世界図の謎を膨大な史料を元に読み解く。