英国フットボール案内―Footie Life

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784775307991
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

美味しいパブごはんと極上のフッティ・ライフ。

目次

1 マンチェスターでフッティ・ライフ(感激は危険と隣り合わせ!?―Maine Road Stadium;カレーの味は故郷の味?―Curry Mile;青き市民の遺伝子―City of Manchester Stadium ほか)
2 フッティ・タウンめぐり(アンフィールドの救世主―Bill Shankly Statue;偉大なる老婦人―Goodison Park Stadium;思い出の2006年W杯in DEUTSCHLAND ほか)
3 フッティ世界遺産(世界初のFA発祥の地―The Freemasons Arms;おいしいパブごはん;“聖地”ウェンブリー巡礼―Wembley Stadium ほか)

著者等紹介

島田佳代子[シマダカヨコ]
1978年6月5日生まれ。中学生の頃よりマンチェスター・シティとイングランドのフットボールに目覚め、何度かの観戦旅行を経て1999年9月~2007年10月まで英国在住。2001年に日本のサッカー専門誌を中心に執筆活動を開始すると、スポーツのみならず、旅、ビジネス、映画などのジャンルで執筆。現在は、ラジオパーソナリティとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

冬憑……(ふゆつき)

1
イングランドに行きたい。。。プレミアリーグを見たい。。。弾丸ツアーでいい、サッカー見てパブで酒飲んで帰ってきたい。マンチェスター・シティファンの友人と一度企画した時に出した見積もりはざっと20万円。仕方ないからCSで1人騒ぎながら見る。この本の著者は生粋のシティファンで、17歳からシティを応援してるなんて日本ではかなり稀有な存在。ある意味ガチヲタなんで読んでて面白いです。しかし我らがトッテナム・ホットスパーの記事が。。。無い。いいけどさ。。。アーセナルは嫌いです。2013/07/11

へー

0
イングランドに留まらず、イギリスのフットボール名所を写真付きで案内。行きたいなぁ。。。2010/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/597493

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。