日本の民話えほん<br> しおふきうす

日本の民話えほん
しおふきうす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(頁/高さ 19X27cm
  • 商品コード 9784774604107
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆうゆうpanda

45
〈読み聞かせボランティア・対象3年生〉欲しいものがどんどん出てくる魔法の臼。止める方法を知らない人が勝手に使って大変なことに!という話は沢山あるらしい。「海の水はなぜ辛い」の塩バージョンはフィンランドやギリシアにも。お粥バージョンは既に読み聞かせで披露済み。民話や神話が似ているっていうのは本当に不思議で興味深い。スーパー吟遊詩人がいたとか?宇宙人が伝えたとか?色々妄想が跳んでしまう。子供たちの盛り上がり箇所は臼から家が出てきたところ。CGに馴れた子供たちでもそこはちゃんと反応してくれるのねと嬉しくなった。2016/10/13

HIRO1970

38
⭐️⭐️⭐️図書館本。2016/08/21

グレ

31
……だから海の水は塩辛いのです。こびとさんたち、その魔法の石臼に「麦饅頭出ろ、麦饅頭出ろ」と言えば良かったのじゃ!? それは言わないお約束か(笑)2016/01/20

あおい

13
明日はお正月だというのに食べ物がない弟は兄に助けを求めるも追い返される。困った弟の前におじいさんが現れ麦まんじゅうを渡し、小人の所に行きまんじゅうと石臼を交換するように言う。魔法の石臼で弟は裕福になるが…。海の水が塩からい理由。定番の昔話好きだなぁ。2016/12/16

遠い日

9
このお話には小人が登場するのであったか?知っている昔話でも、細部の違いをみるのが楽しい。けちん坊の兄が臼を盗み出す場面になると、ほらほらもうじきバチが当たるぞといつもちょっとだけわくわくするのはいけないことか?2021/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/362972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。