新古書ファイター真吾

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

新古書ファイター真吾

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月27日 12時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774407876
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

孤高の古本戦士・真吾は、今日も新古書店「ブックエフ」の均一棚で目当ての本を探す。

長年探した本を100円棚で見つけて喜び、新古書店で仕入れた本を転売し利幅で儲ける「せどり」と攻防し、数分の間に目をつけていた本が買われて絶望し……新古書店でのライトな古本探しの楽しさと可笑しさを描く「古本あるある」バトル漫画、いよいよ開幕!!

著者の古本探しの日々を綴ったエッセイや、夏葉社・島田潤一郎さんの特別寄稿「友人のような本」も掲載。

内容説明

孤高の古本戦士は、今日も均一棚で…!?新古書店でのライトな古本探しの楽しさと可笑しさを描く、「古本あるある」バトル漫画!!特別寄稿、夏葉社・島田潤一郎。

著者等紹介

大石トロンボ[オオイシトロンボ]
1978年静岡県生まれ。漫画家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

61
何を隠そうこの私は、清水国明以上のブックオフのヘビーユーザーで(古いな)、近年では110円や220円の棚から掘り出し物を頻繁に見つけるようになり、神が私に与えた使命は「古本漁り」に違いないとまで思うようになった。こんな勘違いから宗教が始まるのであるが、そんなオカルトはさておき、常日頃新古書店を好んで利用している者には嬉しくなってしまう漫画が本書である。巻末の解説で島田潤一郎が書いている通り、この本はこんな私には友達のような本である。しかもすこぶる付きの良友である。私達は本とわかり合う事ができるのだと思う。2023/07/24

阿部義彦

22
夏葉社の『ブックオフ大学ぶらぶら学部』で知った漫画家さんがSNSに発表したのの書籍化。好評につき続編なども付け加えられてお得です。今のブックオフは書籍は、単品値付けになり、一部200円のになって昔みたく半額又は100円の様な大雑把感は無くなったのが残念です。私は今でも良く行って最初に見るのはCDの棚で特に洋楽では、多少高くても復刻紙ジャケなどを買ってます。ビームセドラーは今は見かけなくなってせいせいしてます!機械頼りで恥の感覚ないのかと、黎明期にバイトしてた自分は思います。CDの買取は辞めないでね。2023/06/06

軍縮地球市民shinshin

9
新古書店「ブックエフ」に日参して新古書を狩る新古書戦士(ファイター)真吾の熱い戦いを描いた漫画。当然のことながらブックエフとはBOOKOFFのこと。タイトルが90年代のコロコロコミックにありそうなのも良い。2023/11/01

古本虫がさまよう

6
これはマンガ(文中、若干コラムあり)。マンガでは「ブックエフ」となっているが、「ブックオフ」(新古書店)での「古本ファイター」ならぬ「古本ハンター」としての日常を描いた作品。私小説的マンガかな? せどりを行なう人やら、外車に乗ってガールハントをしながら,実は古本蒐集が趣味でアパートは古本だらけのイケメンやら、「真吾」のみならず、何人かの同病の面々が登場する。ブックオフがらみのノンフィクションエッセイ本としては、著者も共著者となっている『ブックオフ大学ぶらぶら学部』(夏葉社)などがある。 2023/10/17

とめきち

6
ジュンク堂で面見せ陳列されオーラを放っていた!書店員はこの本が書籍化された経緯を知っていて敢えてこれを売るため面見せしたのか?だとしたら粋だな!まんまと買ってしまった!画太郎先生をやさしくした感じのタッチが好き!ただ、100均本に群がる著者は本当に本好き?と当初疑念も沸いたが、正真正銘の本好きだ。本好きでなければ161pの紙の本の長所の圧巻の量の羅列はできない(笑)「新古書店が閉店する日、ありがとう○○店」とあるが、私にもこの○○にあてはまる古書店がある。その時買った本を読む度その古書店を思い出す。2023/06/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21178572
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。