蒐める人 - 情熱と執着のゆくえ

個数:

蒐める人 - 情熱と執着のゆくえ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年06月17日 04時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774406589
  • NDC分類 024.9
  • Cコード C0095

出版社内容情報

蒐集の情熱と、快楽と、困惑のはざまで揺れる9人へのインタビュー集

自分がやらなきゃ、誰がやる? ひたすら集め、しつこく集め、記録する……
本好き・本屋好きに愛された書物雑誌『sumus』(スムース・1999年〜)に掲載されたインタビューを中心に、佐藤真砂(古書日月堂)さんへのインタビューと、都築響一さんとの対談を新しく収録。

※本書は南陀楼綾繁著『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス)の姉妹編です。一緒に読んでいただくと、より一層お楽しみいただけます!

目次
はじめに

本は世間に還元するもの――稲村徹元
江戸川乱歩『貼雑年譜』ができるまで――戸川安宣+花谷敦子
『日曜研究家』と昭和庶民文化研究――串間努
何者にもならぬ法――河内紀
私の見てきた古本界70年――八木福次郎
古本屋という延命装置――佐藤真砂
いかにして古本好きになったか――南陀楼綾繁
巻末対談「人の話を記録する」ということ――都築響一×南陀楼綾繁

おわりに――〈蒐める人〉失格の弁

著者紹介
南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)
1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。早稲田大学第一文学部卒業。明治大学大学院修士課程修了。出版、古本、ミニコミ、図書館など、本に関することならなんでも追いかける。2005年から谷中・根津・千駄木で活動している「不忍ブックストリート」の代表。各地で開催される多くのブックイベントにも関わる。「一箱本送り隊」呼びかけ人として、石巻市で本のコミュニティ・スペース「石巻まちの本棚」の運営にも携わる。本と町と人をつなぐ雑誌『ヒトハコ』(書肆ヒトハコ)編集発行人。著書に『ナンダロウアヤシゲな日々』(無明舎出版)、『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『町を歩いて本のなかへ』(原書房)、『編む人』(ビレッジプレス)、『本好き女子のお悩み相談室』(ちくま文庫)などがある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件