挿絵叢書<br> 横山隆一

個数:

挿絵叢書
横山隆一

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784774406404
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0093

内容説明

「フクちゃん」だけじゃない!横山ワールド、再発見の旅へ!!挿絵画家としての横山に大注目。知られざる挿絵作品を発掘。

目次

挿絵ギャラリー 生ける死美人(トレント最後の事件)(E.C.ベントリイ(延原謙訳))
挿絵ギャラリー 塙侯爵一家(横溝正史)
豚児廃業(乾信一郎)
キリヌキ宝島(R.L.スティーヴンソン原作)
上海燐寸と三寸虫(長谷川伸)
師父ブラウン(水谷準)
青色鞏膜(木々高太郎)
資料 横山隆一インタビュー
探偵小説の挿絵画家としての横山隆一(末永昭二)

著者等紹介

末永昭二[スエナガショウジ]
1964年、福岡生まれ。大衆小説研究家。立命館大学文学部卒。『新青年』研究会に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

54
挿絵シリーズ四巻目。本書は『フクちゃん』で有名な横山隆一で、新青年を中心とした大正時代独特の挿絵を十分に楽しめる造りとなっている。とはいえフクちゃん自体は二三回見た事がある程度なんだけど。収録作はユーモア小説から端正小説まで幅広く収められており、挿絵もそれにふさわしくシリアスなものから戯画化されたものまで幅広い。特に横溝正史の「塙侯爵一家」等は連載だけあって、タッチの違いが十分にわかるようになっている。他にも木々高太郎や長谷川伸といったチョイスも興味深いし。有名漫画家の別の一面、興味深く見ることが出来た。2018/02/14

保山ひャン

1
フクちゃんでお馴染みの横山隆一が挿絵をつけた探偵小説を中心に集成。松野一夫や竹中英太郎ばりの挿絵が見られて楽しい。収録作はE・C・ベントリイの生ける死美人、横溝正史の塙侯爵一家の挿絵ギャラリーと、乾信一郎、切り絵風の宝島、長谷川伸の現代小説、水谷準によるブラウン神父ものの翻訳、そして木々高太郎。新青年時代を語るインタビューも収録。小説も挿絵の画風もバラエティに富んでいた。2018/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12463144
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。