改革と革命と反革命のアンダルシア―「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争

個数:
  • ポイントキャンペーン

改革と革命と反革命のアンダルシア―「アフリカ風の憎しみ」、または大土地所有制下の階級闘争

  • 渡辺 雅哉【著】
  • 価格 ¥9,350(本体¥8,500)
  • 皓星社(2017/02発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 170pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 763p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784774406275
  • NDC分類 236.07
  • Cコード C3022

目次

第1章 砂上の楼閣?―マヌエル・アサーニャとスペイン第2共和制の崩壊
第2章 アンダルシア―「ヨーロッパで最も不幸な人々」の末裔たちがのたうつ土地
第3章 リベルテールたちのアンダルシア―「マノ・ネグラ」騒動から「ボリシェヴィキの3年間」まで
第4章 「純粋」アナキズムの系譜―サルボチェア、サンチェス・ロサ、そして「コルドニエフ」
第5章 「帝政ロシアよりも劣悪」?―アンダルシアのカシキスモ、共和派とリベルテール
第6章 カストロ・デル・リオとブハランセ―FAI派と第2共和制期コルドバ県の階級闘争
第7章 第2共和制農地改革の限界―ディアス・デル・モラールと「アンダルシアの農業問題」
第8章 社会カトリシズムの敗北―サルバドール・ムニョス・ペレスとアンダルシアの反革命
第9章 ヘレスからバーサへ―アンダルシアのFAI派と「アンチ・サルボチェア」たち
むすびにかえて

著者等紹介

渡辺雅哉[ワタナベマサヤ]
1960年生まれ。文学博士(早稲田大学)。共著に、Manuelle Peloille(ed),De la struture `a la《fine pointe》.Hommage au Professeur Jacques Maurice,2016(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。