一日だけうさぎ

個数:
  • ポイントキャンペーン

一日だけうさぎ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月11日 14時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 24cm
  • 商品コード 9784774325446
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

きょうは、町のみんながうさぎになってしまう、年にいちどのうさぎの日。うさぎになってすごしてみると、あたりまえの一日にも発見がいっぱい!おはなしエンジェル子ども創作コンクール2015年度“小学生中高学年の部”の最優秀賞受賞作品。

著者紹介

原知子[ハラトモコ]
2006年、東京都生まれ。『一日だけうさぎ』が2015年度おはなしエンジェル子ども創作コンクール(主催:日本児童文学者協会・日本児童文芸家協会・公文教育研究会)において、最優秀賞を受賞

こばようこ[コバヨウコ]
東京都生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。夫のおだしんいちろうとの共作で、第4回ピンポイント絵本コンペの最優秀賞を受賞。絵本や児童書の分野で、幅広く活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

2015子ども創作コンクール最優秀作品。今日は、町の住民みんながうさぎになる、うさぎの日。2015年創作コンクール大賞受賞作の絵本化。作者は当時小学3年生だった、原知子さん。

今日は年に一度のうさぎの日。町の住民はみんな、一日だけうさぎになってしまいます。
でも、住民たちは慣れたもの。うさぎの姿で学校へ行き、会社へ行き、一日を過ごします。

小学生の「わたし」は、学校で飼育されているうさぎ・メイちゃんの意外な不満を教えてもらったり、国語や算数がなくなって授業が体育だけになると案外つまらないと分かったり、タヌキの親子に出会って町の自然環境の変化について考えたり。
うさぎの姿、目線になってみると、当たり前の一日にも、新しい発見がたくさん。

小学生の等身大の目線と、ユニークな発想が結びついて生まれた、なんとも楽しく、そして少しだけ自分の身の回りの生活について考えさせられる絵本です。

原 知子[ハラトモコ]
2006年東京生まれ。家でうさぎを飼っていたこともあり、本作品のアイデアを思いつく。
自分を主人公にしたお話を、父親がいつも話して聞かせていたことから、自分でもお話をつくるようになる。

こば ようこ[コバヨウコ]
東京都生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。夫のおだしんいちろう氏との共作で、第4回ピンポイント絵本コンペで最優秀賞を受賞。絵本や児童書など、幅広く活躍。絵本に『おひるねけん』(おだしんいちろう作/教育画劇)、『いもほりコロッケ』(おだしんいちろう作/講談社)児童書に『ノンキーとホンキーのカレーやさん』(村上しいこ作/佼成出版社)、『スプーン王子のぼうけん』(竹下文子作/鈴木出版)など多数。