人工知能の作り方―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

人工知能の作り方―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2017年12月16日 20時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 351p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774186276
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3055

内容説明

プレイヤーの心をとらえる魅力的なゲーム、より「らしい」キャラクターはどう生まれるのか?ゲーム制作における人工知能の役割を最新テクノロジーをふまえて思索する。ゲーム業界を牽引するスクウェア・エニックスのAI技術者、渾身の書き下ろし!

目次

序章 知能の海へ
1章 知能ってなんだろう?―自然知能と人工知能
2章 知性を表現する手法―ゲームAI基礎概念
3章 人工知能の根底にあるもの―AIの根本概念
4章 キャラクターの意志はどう決められるか―意志決定のアルゴリズム
5章 ゲームAIは世界をどう認識するか―ゲームAI基礎概念(深部)
6章 成長するAI―学術・ゲームにおける共通概念
7章 身体とAI―身体感覚をつなぐインターフェース
8章 集団の知能を表現するテクニック―群衆AIの技術
9章 人間らしさの作り方―ゲームを面白くするためのAI

著者紹介

三宅陽一郎[ミヤケヨウイチロウ]
ゲームAI開発者。株式会社スクウェア・エニックステクノロジー推進部リードAIリサーチャー。京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院物理学修士課程、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会設立(チェア)、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)