• ポイントキャンペーン

知りたい!サイエンス
知っているようで知らない免疫の話―ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774143347
  • NDC分類 491.8
  • Cコード C3045

内容説明

生物には外界からの異物を排除する機能「免疫」が備わっている。人間は言うに及ばず、細菌や植物の体内にもしっかりとした免疫の機能があるのだ。私たち生物がここまで進化できたのは“免疫のおかげ”といっても言い過ぎではない。生物進化と共に発達を続ける免疫。進化の影に潜む、免疫の姿とはいかなるものか。

目次

第1章 都合が悪いものと、そうでもないものの区別
第2章 免疫の萌芽
第3章 脊椎動物の免疫
第4章 明らかにされはじめた、免疫システムの分子メカニズム
第5章 免疫系の暴走と破綻
第6章 免疫研究が切り開くインフルエンザ・花粉症・メタボの治療

著者等紹介

西村尚子[ニシムラナオコ]
1967年に東京生まれ、神奈川県で育つ。1991年、早稲田大学人間科学部人間基礎科学科卒業。専攻で細胞生物学。1992年より約10年にわたって科学雑誌『ニュートン』の編集に携わった後、フリーランスのサイエンスライターとして活動。生命科学分野の仕事を得意とする。ネイチャーアジア・パシフィックの特約記者でもある。2008~2010年3月まで、NPO幹細胞創薬研究所の生命倫理委員も務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。