トルコ料理の誘惑―私を虜にした食と文化

個数:

トルコ料理の誘惑―私を虜にした食と文化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月08日 23時27分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784773819038
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0039

内容説明

トルコに住むこと16年間。地中海、エーゲ海、黒海など海沿いの地方の家庭料理、高原の地方料理、旧帝都イスタンブルの宮廷料理など、多様性に富むトルコ食に親しんだ著者が、「食」の観点から論じるトルコ文化論。スープからデザートまで、日本で入手できる材料で作れるトルコ料理のレシピ14点も収録。

目次

第1章 トルコ料理はどこからきたのか―遊牧民の乳製品、ビザンチン帝国のワイン、オスマン帝国の宮廷料理
第2章 近代化の波とオスマン宮廷料理の変革―トマトが率いた料理革命
第3章 コーヒーに集う市民たちの嗜好と贅沢―コミュニケーションの場としてのカフヴェハネ
第4章 イスラムの年中行事を食べ尽くす―ラマザン、そして、バイラム
第5章 帝国は滅ぶともスイーツは滅びず―現代に生きる名菓たち
第6章 トルコ食文化の担い手たち―屋台の行商人から高級レストランのシェフまで
第7章 現代トルコ家庭の「いえごはん」―あるトルコ人女性の食生活史をみつめて
別章 トルコ人はどこからきて、どこに定着したのか―トルコ人の歴史と土地

著者等紹介

井藤聖子[イトウキヨコ]
1964年、兵庫県明石市に生まれる。武庫川女子大学文学部卒業、国立イスタンブル大学大学院博士課程修了、文学博士。国立エルジエス大学文理学部専任講師、イスタンブール補習授業校専任講師を経て、日本トルコ文化協会トルコ語講座講師、関西学院大学経済学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。