オーストラリア現代文学傑作選<br> グリーフ―ある殺人事件裁判の物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

オーストラリア現代文学傑作選
グリーフ―ある殺人事件裁判の物語

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 46判/ページ数 352p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784773818130
  • NDC分類 936
  • Cコード C0097

出版社内容情報

オーストラリア屈指の実力派作家による、衝撃のノンフィクション!父親が運転する車が池に落ち、3人の息子が溺死。これは事故か、…オーストラリア屈指の実力派作家か?取り組んだ、衝撃の裁判ノンフィクション!

父親が運転する車が貯水池に落ち、3人の息子が溺死。これは不幸な事故なのか、それとも別れた妻への復讐なのか?

真相究明を求める法廷で繰り広げられた「悲嘆(グリーフ)」のドラマ。

2005年父の日の夕刻、ビクトリア州の田舎町郊外で、ロバート・ファクワスンが運転していた車が道路脇の貯水池に沈没し、同乗していた3人の息子が溺死した。失神による事故だと説明するファクワスン。しかし現場の不自然な状況、前年に妻シンディと離婚し息子たちとも別れて暮らしていた背景などから、ファクワスンは殺人の容疑で起訴される。無罪を主張する弁護団、綿密な証拠を積みあげ「事故」の可能性を潰していく検察側。家族、友人、警察官、医師、カウンセラーらの証言が錯綜し、真相は杳として掴めない。オーストラリア全土を震撼させた事件の過程をつぶさに追った著者が、悲嘆に満ちた裁判の果てに見たものは何か?

ヘレン・ガーナー[ヘレン・ガーナー]
著・文・その他

加藤めぐみ[カトウメグミ]
翻訳

内容説明

2005年父の日の夕刻、ビクトリア州の閑散とした田舎町郊外で、1台の車が道路脇の貯水池に飛び込む。それは、やがてオーストラリア全土を震撼させる事件の不穏な幕開けだった。失神による事故だと無実を主張する男。離婚した元妻や友人、警察官、医師、カウンセラーらの証言が錯綜し混迷を極める法廷。長きにわたる裁判をつぶさに追った著者が、苦しみの果てに見たものとは?

著者等紹介

ガーナー,ヘレン[ガーナー,ヘレン] [Garner,Helen]
1942年、ビクトリア州ジロング生まれ。メルボルン大学を卒業後、高校教師の職に就く。1977年、小説『モンキーグリップ』で作家デビュー。性と社会的関係、家族という制度の根源を問うテーマの作品を自らや周囲の経験をもとに発表しつづける。また、小説や脚本と並行してノンフィクション作品も多く手がけている

加藤めぐみ[カトウメグミ]
津田塾大学文学研究科修了(文学修士)。ニューサウスウェールズ大学人文学部研究科修了(文学博士)。現在、明星大学人文学部福祉実践学科教授。専門は英語圏文学、オーストラリア地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

16
オーストラリアで実際に起こった、子供を乗せた父親の車が貯水池に落ちた事故。しかし、それは本当に事故だったのか。父親は裁判に……という法廷での争いを忠実に描いたルポタージュ。読みごたえはありますが、正直言って、小説のような物語性やドンデン返しを期待しないほうがいいかも。これは実際に、そういうことがあったというノンフィクションなのです。そしてこの事件のおそらくは本当の問題点を指摘した訳者あとがきが良かったです。2019/03/23

トト

5
オーストラリアのノンフィクション小説。 息子3人を乗せた車が貯水池に落ち、父親だけが生き残った実在の事件の裁判を、傍聴した作家が小説化した。 事件の真相をドラマチックな展開で解明していく、というより、数多くの関係者が淡々と証言し、裁判が粛々と続く。 感情移入するほどキャラが立つこともなく、とにかく淡々と。登場する人物たちをどれだけリアルに想像できるか、読者の力量が試される小説といえるかも。2019/02/09

ジム

2
実話。表紙の写真の意味が分かり余計に怖くなる。起こったことは変わらない。どんな理由があったとしても。2019/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13222519
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。