口に入れるな、感染する!―危ない微生物による健康リスクを科学が明かす

個数:
  • ポイントキャンペーン

口に入れるな、感染する!―危ない微生物による健康リスクを科学が明かす

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月29日 05時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784772695732
  • NDC分類 491.7
  • Cコード C0040

内容説明

ドリンクに入れる氷・レモンから、どれだけ細菌が移る?床に落とした食べ物でも、すぐに拾えば大丈夫?家族や友達と食べ物をシェアすると100万細菌増えている。手洗い後にどう乾かすかが問題だ!・「99.9%」抗菌表示は当てにならない。バースデーケーキのロウソクを吹き消すと、吹き消さないときより1万2000%増!の細菌が…。身近な暮らしに潜む健康リスクを数字で知る。

目次

Introduction 不思議な微生物ワールドを探る
1 その表面についている―細菌たちが危ない存在になるとき(5秒ルールは正しい?―床に落とした食べ物をすぐ拾ってもダメなわけ;ご注文はお決まりですか?―レストランのメニュー表には要注意!)
2 空気や水によってどう拡散する?―ミクロの落下傘部隊のように(ロウソクを吹き消しているのか細菌をケーキにかけているのか―バイオエアロゾルで集団内に急速に広まる;その汚れた手で触らないで―手を清潔に保つために有効なこと;ハンドドライヤーは細菌拡散機?―手洗い後にどう乾かすかが問題だ)
3 移送メカニズム―微生物が拡散していく意外な経路(ドリンクに何を入れますか?―氷やレモンからどれほど細菌が移るか;ちょっと味見させて―友情の輪とともに病気も広めている;映画館のポップコーン―夢中で観ているあいだに手や口、座席などから細菌が;ディップソースの二度漬け―ソースのなかに口を丸ごと突っ込むようなもの)
Epilogue リスクを理解して、飲食を楽しもう!

著者等紹介

ドーソン,ポール[ドーソン,ポール] [Dawson,Paul]
クレムソン大学教授。食品科学博士。食品化学・食品レオロジー・食品安全などの科目を担当。世界食品物流機構(WFLO)の科学諮問委員も務める。ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ウォール・ストリート・ジャーナルなど多数メディアに寄稿

シェルドン,ブライアン[シェルドン,ブライアン] [Sheldon,Brian]
ノースカロライナ州立大学の食品微生物学名誉教授。食品科学・技術博士。「食の安心・安全のための全米連合」の微生物介入戦略センター元所長。微生物による感染の研究などを多くの学術誌に発表

久保尚子[クボナオコ]
翻訳家。京都大学理学部(化学)卒業。同大学院理学研究科(分子生物学)修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シュウヘイ

1
感染症のリスクは日常の生活のどこにでもある ある程度の微生物から自分を守る免疫は持っていたい2021/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18158794

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。