クライエントの言葉をひきだす 認知療法の「問う力」―ソクラテス的手法を使いこなす

個数:
  • ポイントキャンペーン

クライエントの言葉をひきだす 認知療法の「問う力」―ソクラテス的手法を使いこなす

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年04月09日 16時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784772417013
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

認知療法の経験豊富な中堅臨床家たちが、ソクラテス的手法を詳細に解説したオーバーホルザーの論文と、短期認知療法への適合性に関するサフラン&シーガルの論文をもとに、認知療法における「問う力」(質問力)を包括的かつ実践的に解説。認知療法の初学者には先輩からの「紙上後輩指導」として、すでに認知療法を実践されている方には過去の面接を振り返り、自身の「問う力」を再分析・再検討するのに最適な一冊!

目次

第1部 ソクラテス的手法とは?(問いかけることで面接を組み立てよう!―系統的質問;多くの情報を引き出して吟味するための質問法―帰納的推論;物事の本質をみつけ出し、クライエントの気づきを高める―普遍的定義;「私は知っている」という思い込みをなくすには―知識の否認;自分らしくあることを支援しよう!―自己変革)
第2部 短期認知療法適合性尺度の活用(自動思考のとらえやすさ;感情の自覚と弁別;自己責任の承諾;認知理論への理解;治療同盟への潜在力1(セッション内の証拠)
治療同盟への潜在力2(セッション外の証拠)
問題の慢性度
防衛的操作
焦点性
治療に対する楽観主義・悲観主義)

著者等紹介

石垣琢麿[イシガキタクマ]
1987年、東京大学文学部心理学科卒業。1993年、浜松医科大学医学部卒業。1999年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授

山本貢司[ヤマモトコウジ]
2002年、日本銀行退職。2006年、横浜国立大学大学院教育学研究科修士課程修了。現在、田園調布カウンセリングオフィス所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。