対人援助学を拓く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 359p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784771024601
  • NDC分類 369.1
  • Cコード C3030

内容説明

人を「教える」「なおす」「計る」でなく「助ける」という社会行為に特化した「対人援助学」。これを学び、現場で実践した成果はいかなるものとなったか。「家族・コミュニティ・社会」「人間発達」「臨床心理学」「人間形成」「行動成立」の各領域から27の実践報告を収録し、「対人援助学」のさらなる発展を目指す。

目次

第1部 対人援助と家族・コミュニティ・社会(子連れ離婚・再婚家族への支援;若年母親への対人援助学的アプローチ―研究をいかにフィールドに還元するか ほか)
第2部 人間発達の諸段階で考える対人援助(発達や障害に関する学びに潜む「落とし穴」とその発展的克服;今、青年期の教育における2つの支援 ほか)
第3部 対人援助と臨床心理学(対人援助で“つかえる”心理臨床を目指して;対人援助者の「つなぐ・つながる」力とチームづくりの試み―DV子どもプロジェクトの取り組みから ほか)
第4部 人間形成と対人援助(社会福祉実践の一形態―「共にある援助」について;生きがいの探求 ほか)
第5部 当事者の行動成立をめざす対人援助学(障害学生を大学で受け容れるための学生主体の活動;ひきこもり支援FSJGの10年 ほか)

著者等紹介

村本邦子[ムラモトクニコ]
立命館大学大学院応用人間科学研究科教授、女性ライフサイクル研究所所長。専門分野は臨床心理学、女性学

土田宣明[ツチダノリアキ]
立命館大学大学院応用人間科学研究科教授、同文学部教授。専門分野は発達心理学

徳田完二[トクダカンジ]
立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。専門分野は臨床心理学

春日井敏之[カスガイトシユキ]
立命館大学大学院応用人間科学研究科教授、同文学部教授。専門分野は臨床教育学、教育相談論

望月昭[モチズキアキラ]
立命館大学大学院応用人間科学研究科教授、同文学部教授。専門分野は対人援助学、応用行動分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

11
「対人援助学」という学問を踏まえた、27の実践が報告されています。本の構成は、1)対人援助と家族・コミュニティ・社会、2)人間発達の諸段階で考える対人援助、3)対人援助と臨床心理学、4)人間形成と対人援助、5)当事者の行動成立をめざす対人援助となっています。幅が広く論じられており、僕にとっては難しい内容のものもありました。各論では発達障害に対する対人援助の論考があり、同情(compassion)ではなく共感(empathy)の重要性が述べられていたところは大変勉強になりました。2014/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7104154

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。