投資信託税制の理論と課題

個数:

投資信託税制の理論と課題

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 179p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784771019720
  • NDC分類 338.8
  • Cコード C3033

内容説明

本書は投資信託税制について、ファンド段階で発生した信託収益に対する課税の繰り延べ問題に対処するために、信託収益を受け取る投資家に対する課税はいかにあるべきかを検討するものである。

目次

第1章 わが国の投資信託の概要(投資信託の展望;投資信託の定義と意義 ほか)
第2章 投資信託の制度的発展経緯(証券投資信託の起源;証券投資信託の発展 ほか)
第3章 投資信託に係る税制改正の経緯と改正立法の趣旨(証券投資信託発足時の税制;証券投資信託の利子並み課税 ほか)
第4章 投資信託に係る課税関係の特徴(実質所得者課税の原則;信託に係る収益帰属の考え方 ほか)
第5章 望ましい投資信託税制のあり方(問題の所在;投資信託のファンド段階課税のあり方に関する検討 ほか)

著者等紹介

磯山淳[イソヤマジュン]
1979年岡山県に生まれる。2003年慶應義塾大学商学部卒業。2004年‐2005年日本証券業協会勤務。2007年神戸学院大学大学院経済学研究科修了。現在、神崎税理士事務所勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。