光人社NF文庫 ノンフィクション<br> 第二次大戦 残存艦船の戦後―生き残った150隻の行方

個数:
電子版価格
¥902
  • 電書あり

光人社NF文庫 ノンフィクション
第二次大戦 残存艦船の戦後―生き残った150隻の行方

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月30日 18時03分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 247p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769832294
  • NDC分類 556.9
  • Cコード C0195

内容説明

太平洋戦争が終結したとき、日本国内に残されていた艦艇はわずかであり、威容を誇った戦艦、空母、巡洋艦などの主力艦から小型艦艇まで、多くが失われた。それは商船についても同様であったが、そういった壊滅状態のなか、生き残った船たちはどのような運命を辿ったのか。様々な結末を迎えた艦船の航跡を綴る。

目次

第1章 残存艦艇
第2章 陸軍上陸船
第3章 特設艦艇
第4章 陸軍徴用船
第5章 民間運用船
第6章 戦後大改造された戦時標準設計船
第7章 残存商船に関わる事件と損傷軍艦のその後

著者等紹介

大内建二[オオウチケンジ]
昭和14年、東京に生まれる。37年、立教大学理学部卒業後、小野田セメント株式会社(後の太平洋セメント株式会社)入社。中央研究所、開発部、札幌支店長、建材事業部長を歴任。平成11年、定年退職。現在、船舶・航空専門誌などで執筆。「もう一つのタイタニック」で第4回海洋文学大賞入賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yamatoshiuruhashi

54
大東亜戦争終了時に残っていた艦船が戦後どう使われ最後を迎えたかについての労作。帝國陸海軍は民間商用戦ですら太平洋戦争突入前に全てを把握してABC船に区分。Aは陸軍、Bは海軍、Cは民間への「配当船」とした。軍用として建造された艦艇は戦のためのフネであるからやむを得ないとしても、木造漁船まで哨戒船として利用している。船は同型で複数作られるのが常だが、生き残った艦船の背後に夥しい失われた同型艦船の数が示されいたわしさを感じる。戦時賠償として引き渡されたもの、復員使用されたり、海上保安庁や気象観測船となったもの→2021/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18498765
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。