光人社NF文庫 ノンフィクション<br> 液冷戦闘機「飛燕」―日独融合の動力と火力 完全版

個数:
  • ポイントキャンペーン

光人社NF文庫 ノンフィクション
液冷戦闘機「飛燕」―日独融合の動力と火力 完全版

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 13時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 421p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769832171
  • NDC分類 538.7
  • Cコード C0195

内容説明

三式戦闘機「飛燕」は不運な戦闘機だった。設計者にはめぐまれ、素質のいい機体に仕上がったにもかかわらず、エンジンの複雑さと扱い方の不なれに評価を下げた。しかし、技術者、操縦者、整備兵…数々の人々に支えられ、他の陸軍制式戦闘機に勝るとも劣らない戦果を残した。歴史に不滅の名を刻んだ機体の航跡を描く。

目次

第1章 液冷戦闘機のあゆみ
第2章 “混血児”キ六一誕生
第3章 苦闘、ニューギニア戦線
第4章 決戦場フィリピンへ
第5章 本土上空の奮戦
第6章 遅すぎた五式戦の開花

著者等紹介

渡辺洋二[ワタナベヨウジ]
昭和25年(1950年)、名古屋に生まれる。立教大学文学部卒業後、航空雑誌の編集勤務。53年、第2次大戦の軍航空に関する執筆に専念。平成22年(2010年)、職業としての軍航空の著述を終了。以後、余暇を航空史研究にあてる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roatsu

12
版を重ねてきた陸軍三式戦闘機”飛燕”の増補改訂。文春から光人社に版を移してまさに完全版の内容。三式戦に例えるなら最終形のⅡ型か。文春版よりも往時の貴重な写真や図示が格段に増し、より明確に実像を思い浮かべることができる。ニューギニア進出直前の飛行第68戦隊・78戦隊機の綺麗に迷彩が施された写真など初めて見た。また、いきなりの激戦地となった同地では戦局利あらず米陸軍航空隊に押しまくられ、ブーツ等の基地で在地のまま米重爆に爆砕されるケースも増えその際に低空侵入した米機から撮影された写真や、日本軍敗退後に侵攻して2021/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18046681

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。