よくわかるHTTP/2の教科書―手を動かしてわかるパフォーマンス向上実現の仕組み

個数:

よくわかるHTTP/2の教科書―手を動かしてわかるパフォーマンス向上実現の仕組み

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月27日 20時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 165p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865941777
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3055

内容説明

現在では、天気予報やニュース、晩ご飯のレシピまで、スマホやPCからすぐに閲覧できます。そして、その裏側ではインターネットを通して通信が行われています。本書ではその通信部分に焦点を当て、Webページを表示する上で重要なHTTP/2という通信の仕組みを解説しました。ネットと接続するのが当たり前となった現代において、様々な分野で活躍するITエンジニア必読の一冊です。

目次

第1章 はじめに
第2章 WebとHTTP
第3章 HTTP
第4章 HTTP/2を体験する
第5章 HTTP/2の中身
第6章 発展
付録 HTTP/2関連のリファレンス

著者等紹介

後藤ゆき[ゴトウユキ]
インフラエンジニアとしてミドルウェアやサーバの面倒を見るかたわら、IETFなどで議論されているプロトコルの標準化動向を追いかけている。特にHTTP、TLS、QUICといったプロトコルが最近の興味となっており、最新の標準化動向についてブログに綴っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

パフォーマンス向上実現の仕組み

現在では、天気予報やニュース、晩ご飯のレシピまで、スマホやPCから
すぐに閲覧できます。そして、その裏側ではインターネットを通して通信
が行われています。
本書ではその通信部分に焦点を当て、Web ページを表示する上で重要な
通信規約(プロトコル)であるHTTP/2という新しい仕組みを
解説しました。

また、解説にあたっては、そもそもHTTP通信初学者の人でも平易に理解
できるよう、HTTP1.1の基礎から説明しました。
Web通信をこれから学びたい人でも読める構成です。

インターネットと接続するのが当たり前となった現代において、様々な分野
で活躍するITエンジニア必読の一冊です。

第1章 はじめに 1.1 本書の内容および対象読者
1.2 サンプルの実行環境
第2章 Web とHTTP 2.1 導入:サイトが見えるときHTTP 通信をしている
2.2 ブラウザとWeb サーバ
2.3 HTML・CSS・JavaScript・画像
2.4 プロトコル・HTTP とは何なのか
第3章 HTTP 3.1 HTTP の概要
3.2 HTTP の歴史
3.3 HTTP リクエストとHTTP レスポンス
3.4 Cookie
3.5 キャッシュ、条件付きリクエストについて
3.6 TCP、KeepAlive と接続
3.7 HTTPS とSSL/TLS
3.8 HTTP のそのほかの機能
3.9 HTTP/1.1で行われているWebパフォーマンスチューニング
第4章 HTTP/2 を体験する 4.1 ブラウザでのアクセス確認方法
4.2 サーバを立てる
4.3 サーバの接続形態
4.4 CLI ツール
4.5 Wireshark
第5章 HTTP/2 の中身
5.1 HTTP/2 の概要・機能
5.2 HTTP/2 の登場理由、HTTP/1.1 との比較
5.3 HTTP/2 の歴史
5.4 ストリームと多重化、フレーム
5.5 コネクションの開始
5.6 疑似ヘッダ
5.7 コネクションの再利用
5.8 優先度(プライオリティ)
5.9 ヘッダ圧縮HPACK
5.10 サーバプッシュ
5.11 フロー制御
5.12 エラー処理
5.13 TLS とHTTP/2
5.14 HTTP/2 の拡張性
第6章 発展 6.1 WebSocket
6.2 拡張
6.3 HTTP を使うプロトコル
6.4 QUIC
付録 HTTP/2 関連のリファレンス
A.1 フレーム詳細
A.2 SETTINGS パラメータ
A.3 エラーコード
A.4 静的テーブル

後藤 ゆき[ゴトウユキ]
著・文・その他