光人社NF文庫<br> 機動部隊の栄光―艦隊司令部信号員の太平洋海戦記 (新装版)

個数:

光人社NF文庫
機動部隊の栄光―艦隊司令部信号員の太平洋海戦記 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月22日 16時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 324p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830887
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

真珠湾、インド洋、ミッドウェー海戦、南太平洋海戦等いくたの艦隊決戦に臨み、つねに空母の露天艦橋にあって、南雲、小沢長官の命令を伝達する責務を負って奮闘した司令部付信号員が綴った迫真の戦闘航海日録。黒煙、火炎渦巻く海戦の艦上で古参下士官が見たものは何か―戦闘下の司令部の実情を伝える話題作。

目次

第1章 海軍志願兵募集
第2章 司令部付信号員
第3章 パールハーバー奇襲
第4章 インド洋の波涛
第5章 炎のミッドウェー
第6章 旗艦「翔鶴」の航跡
第7章 懐かしき故郷の山河
第8章 機雷掃海余話

著者等紹介

橋本廣[ハシモトヒロシ]
大正7年9月、茨城県に生まれる。昭和10年6月、横須賀海兵団に入団。普通科・高等科信号術練習生卒。空母「加賀」「赤城」「蒼龍」乗り組みをへて16年4月、新たに第1航空艦隊編成、同司令部付として「赤城」に乗艦。真珠湾攻撃、インド洋作戦、ミッドウェー海戦に参加。17年7月、第3艦隊司令部付として「翔鶴」乗り組み、ソロモン、南太平洋に歴戦する。18年11月、土浦海軍航空隊付被命。20年6月、横須賀防備隊に入隊、第三曳船乗り組みとなり、終戦を迎える。同年10月、第202駆潜特務艇乗り組み、掃海作業に従事。21年2月、解員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。