光人社NF文庫<br> 日本陸軍の大砲―戦場を制するさまざまな方策

個数:

光人社NF文庫
日本陸軍の大砲―戦場を制するさまざまな方策

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月23日 04時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830269
  • NDC分類 559.14
  • Cコード C0195

内容説明

日露戦争、第一次大戦、太平洋戦争…通常の陸上戦闘から陣地戦まで、戦場の主役として活躍した強力な各種火砲―。旅順攻略に貢献した二十八センチ榴弾砲、山岳戦に威力を発揮した軽便な四一式/九四式山砲、要塞攻撃に期待がもたれた野戦用十センチ加農砲など、日本陸軍の屋台骨を支えた兵器を写真と図版で詳解。

目次

二十八センチ榴弾砲―旅順攻略に貢献した日本本土の対軍艦用沿岸砲
三十一年式野戦砲―日露戦争の野戦火砲の主力となった有坂/速射・山砲
シベリアの狙撃砲―歩兵が運搬できる対機関銃座用の秘密兵器
曲射/平射歩兵砲―シベリア出兵後、速射砲を改良したユニークな火器
二八式野砲/榴弾砲―クルップ社の二種の野戦砲は後に主力となって活躍する
四一/九四式山砲―山岳、悪路の戦場で多用された機敏さが特徴の山砲とは
野戦用十センチ加農砲―第一次大戦後に独仏の装備をもとに緊急配備した火砲
十五センチ重砲変遷史―野戦、陣地攻略だけでなく海岸防備にも用いる重砲
二十/二十四センチ榴弾砲―日露戦争の戦訓を取り入れた二種の巨大火砲
二十四榴の戦果―大口径火砲の戦場での迅速な運用は可能なのか〔ほか〕

著者等紹介

高橋昇[タカハシノボル]
昭和9年、秋田県生まれ。陸上自衛隊青森第9師団第5普通科連隊に勤務。特級射手、おもに狙撃手として任務をおこなう。在隊時にガンブームが起こり、それに刺激されて退職後に上京、当時ガンブームを起こした人々と知遇を得、会社勤めのかたわら多くの資料を集め、軍装店アルバンにも勤務。現在、兵器・軍装研究家として執筆活動をおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。