光人社NF文庫<br> 幻のソ連戦艦建造計画―大型戦闘艦への試行錯誤のアプローチ

個数:

光人社NF文庫
幻のソ連戦艦建造計画―大型戦闘艦への試行錯誤のアプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月19日 14時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830160
  • NDC分類 556.91
  • Cコード C0195

内容説明

ソ連が最新鋭ミサイル戦艦を建造中―第二次大戦後に西側でささやかれた噂の真実とは。虚実の情報がとびかうソ連の軍艦建造事情とは、いかなるものだったのか。帝政ロシア、第一次大戦と革命をへて、独立体制を確立したスターリンの艦隊計画の実体、ソ連大型艦の建造史とその活動を追った異色作。図写真多数。

目次

西側諸国を震撼させた怪情報
ソ連空母スターリンの行方
帝政ロシアのド級戦艦
二度の五ヵ年計画
スターリンの夢見た艦隊
ソ連特有の大型巡洋艦
「金剛」型に優る重巡洋艦
独ソ不可侵条約の裏側
近代化されたマラート級と貸与戦艦
イタリアからの賠償戦艦
ノヴォロシースクの爆沈と独ソ旧戦艦の最期
七万トン級戦艦計画プロジェクト24
三万九五〇〇トン巡洋艦計画
一番鑑スターリングラード着工
標的鑑となったスターリングラード
よみがえった巡洋戦艦

著者等紹介

瀬名堯彦[セナタカヒコ]
昭和9年、東京に生まれる。早稲田大学卒業。会社勤務のかたわら、艦艇研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。