光人社NF文庫<br> 倒す空、傷つく空―撃墜をめざす味方機と敵機

個数:

光人社NF文庫
倒す空、傷つく空―撃墜をめざす味方機と敵機

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月20日 06時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829706
  • NDC分類 391.28
  • Cコード C0195

内容説明

零戦、雷電、紫電改、鍾馗、四式戦―昼夜を分かたず来攻する爆撃機を邀撃し、敵の補充能力以上の機を撃墜し続ければ、兵力を維持しきれずに、空襲は止まる。敵が進攻を進め、より近距離から強力な護衛戦闘機を付けてくると、制圧阻止は困難となり防空は破綻をきたす。空戦が生み出す撃墜のメッセージ九篇を収載。

目次

最強の防空部隊・三〇二空―搭乗員はいかに戦死したか
伝説の赤松分隊士―だれもが認める比類なき腕まえ
零式小型水偵から「雷電」へ―正反対の飛行機を乗りこなして
無敵伝説へのプロローグ―零戦が初めて敵を捕らえた
ラバウル上空の完全勝利―大空戦に一機も失わず
最後の切り札・剣部隊―決戦航空隊の編成と実戦
過負担空域に苦闘す―希望的「零観神話」をぬぐい去る
ビルマから帰った操縦者―戦果と性格が特進を招いた
眞崎大尉が飛んだ空―陸軍リーダーパイロットの一典型

著者等紹介

渡辺洋二[ワタナベヨウジ]
昭和25年(1950年)、名古屋に生まれる。立教大学文学部卒業後、航空雑誌の編集勤務。53年、第2次大戦の軍航空に関する執筆に専念。平成22年(2010年)、職業としての軍航空の著述を終了。以後、余暇を航空史研究にあてる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。