光人社NF文庫<br> 日本の謀略―明石元二郎から陸軍中野学校まで

個数:

光人社NF文庫
日本の謀略―明石元二郎から陸軍中野学校まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月20日 02時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 305p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769826613
  • NDC分類 391.6
  • Cコード C0195

内容説明

日本が最も苦手な謀略戦を戦場でいかに実行したのか。蒋介石政府を内部から崩壊させて、インド・ビルマの独立運動を支える―戦わずして勝つ、日本陸軍の秘密戦の結末。

目次

第1章 ロシア革命の煽動者
第2章 「対伯」機密工作
第3章 「F」機関
第4章 謀略・インド独立
第5章 「南」機関のビルマ独立工作
第6章 汪精衛並びに繆斌和平工作
第7章 石井極秘機関
第8章 中野学校
第9章 陸軍登戸研究所
終章 機密戦の重要性

著者等紹介

楳本捨三[ウメモトステゾウ]
日本大学法文学部中退。在学中より戯曲を書く。昭和14年、渡満。新聞雑誌に連載小説を執筆。昭和21年、帰国。日本文芸家協会会員。昭和63年1月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。