翻訳がつくる日本語―ヒロインは「女ことば」を話し続ける

個数:

翻訳がつくる日本語―ヒロインは「女ことば」を話し続ける

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768479513
  • NDC分類 801.7
  • Cコード C0081

出版社内容情報

女らしい「女ことば」を話し続けているのは、日本人女性ではなく洋画のヒロインたちだった!? ハーマイオニーも、スカーレット・オハラも、戦う女リプリーも、「~わ、~だわ、~のよ」と、コテコテの「女ことば」で話す。洋画のヒーローたちは、日本人男性が使わない「男ことば」をキザに、気さくに話し、名作の黒人たちは「方言」で話している。翻訳ことばが気になってしかたがなくなる、新しい視点の日本語論。

第?部 翻訳の不思議 1 西洋ヒロインは「女ことば」を話し続ける 2 西洋の若者は「気さくな男ことば」で語る 3 黒人が話す「方言」
第?部 翻訳を考える 4 言葉づかいとアイデンティティ 5 翻訳が支える日本語らしさ──「女ことば」 6 翻訳がつくりだす他者のことば──「男ことば」 7 翻訳が再生産する差別──「方言」の場合
第?部 翻訳から変わる日本語 8 親疎で使い分ける「女ことば」と「標準語」 9 女性らしさだけじゃない「女ことば」 10 一九七〇年代洋画字幕に見る強い女の「女ことば」 11 翻訳を楽しむ

中村 桃子[ナカムラ モモコ]
著・文・その他

内容説明

洋画のヒーローたちは、日本人男性が話さない「男ことば」を、キザに、気さくに話し、名作の黒人たちは「方言」で話している。翻訳ことばが気になってしかたがなくなる、新しい視点の日本語論。

目次

第1部 翻訳の不思議(西洋ヒロインは「女ことば」を話し続ける;西洋の若者は「気さくな男ことば」で語る;黒人が話す「方言」)
第2部 翻訳を考える(言葉づかいとアイデンティティ;翻訳が支える日本語らしさ―「女ことば」の場合;翻訳がつくりだす他者のことば―「男ことば」の場合;翻訳が再生産する差別―「方言」の場合)
第3部 翻訳から変わる日本語(親疎で使い分ける「女ことば」と「標準語」;女らしさだけじゃない「女ことば」;一九七〇年代洋画字幕に見る強い女の「女ことば」;翻訳を楽しむ)

著者等紹介

中村桃子[ナカムラモモコ]
関東学院大学教授。博士。専攻は言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばりぼー

37
なぜ、フィクションの登場人物の会話は、通常では使われない女言葉に翻訳されるのか。最大の理由は登場人物の描写を簡単にする「ステレオタイプの経済性」である。「気さくな男言葉」や「たくましい女言葉」で、手っ取り早く登場人物のアイデンティティを示す必要がある。黒人の奴隷は、「駄目でごぜえますだ」といった疑似東北弁を使って教育のない地方人として描かれるが、日本語は日本人によって純粋培養されてきたのではなく、翻訳を通して国外の人種や階級、国対国の権力関係などが密接に関わって形作られており、差別が再生産されているのだ。2017/06/10

ごへいもち

20
表紙絵や扱っている材料から受ける印象よりずっと学術的というのか、あまり、こなれていない感じで読みにくかった。集めた材料も少なすぎるのでは?とも2015/01/11

くろすけ

16
小学生女子であるハーマイオニー・グレンジャーの台詞は「~のよ」「~だわ」等の「女ことば」に翻訳される。しかし現代日本において、このような女ことばで話す小学生女子は存在しない。つまり翻訳は「日本語女ことば」の保管機能を果たしており、翻訳が逆に日本語に影響を与えることもありうるという内容。だけどわが国の誇る代表的小学生女子、磯野わかめはお手本にしたいような女ことばを駆使するし、ドラマや小説の中でも多くの日本女性は女ことばで話している。これは翻訳vs日本語ではなく、虚構vs現実の問題として考えるべきなのでは?2013/12/18

なつみかん

14
この本については同じことを繰り返しているばかりで単調に感じた。それはそれとして、言葉は変わってゆくものだろうから、この先の日本語にある男言葉、女言葉がどう変化するのか(いずれ男も女も亡くなるだろうか?)に興味だね。2020/12/21

きりぱい

14
面白かった。『風と共に去りぬ』や『ハックルベリー・フィン』、新訳の亀山訳カラマーゾフでも、ロナウジーニョだって「バルセロナの環境、最高さ」なんて、翻訳となるとついてくる、~だわ、~かしら、~さ、などの女ことばと男ことば。しかもそれは日常使う言葉だろうかと問われれば、確かに・・。性差だけでなく黒人の東北弁など、その人間がもつ属性までフィーリングが伝わりやすいものとして訳される。まずその着眼が面白い上に、そこに見えてくる日本人の独自性の考察が興味深い。これからは妙に言葉尻を意識してしまいそうだわ。2013/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7114835

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。