沖浦和光著作集〈第2巻〉近代日本の文化変動と社会運動

個数:

沖浦和光著作集〈第2巻〉近代日本の文化変動と社会運動

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月21日 05時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 435p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768470121
  • NDC分類 081.6
  • Cコード C0336

内容説明

幸徳秋水、田中正造、大杉栄、大石誠之助、荒畑寒村、堺利彦、山川均、福本和夫…。大逆罪・治安警察法などの権力の横暴に反逆する民衆を命がけで主導した強靱な精神の系譜を探求する論考。

目次

1 『近代日本の思想と社会運動』(全録)(明治初期の社会主義と熊野・新宮グループ;日本近代化における国権派と民権派の対立;社会主義運動の前史段階;黎明期労働運動の生成と挫折;“民友社”と明治第二世代 ほか)
2 日本マルクス主義の思想方法の一特質―福本イズムの思想的意義をめぐって(なぜ「福本イズム」を問題にするのか;山川イズムの指導性の喪失と福本イズムの出現;日本マルクス主義思想の成立と福本イズム;「レーニンの理論」の輸入と解釈をめぐって;主観主義と教条主義 ほか)
3 スターリニズムの成立過程―一九二〇年代のロシア革命