都市伝説と犯罪―津山三十人殺しから秋葉原通り魔事件まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

都市伝説と犯罪―津山三十人殺しから秋葉原通り魔事件まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768469835
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0036

内容説明

ひとは「事実は小説より奇なり」な事件をどの様に語り伝えているのか。朝倉喬司が事件の背後を読み解くユニークな都市伝説の登場。

目次

1 殺意の飛翔(検証・秋葉原通り魔殺人事件)
2 不思議な事件(筑豊・犬鳴峠の恐怖伝説;広島世羅町・神隠し事件 ほか)
3 大量殺人へのナビゲーション(検証・宅間守の狂気)
4 日本近代、殺人グラフィティ(夜嵐お絹事件;高橋お伝事件 ほか)
5 闇に光る三つ目(津山三十人殺しの現場を行く)

著者等紹介

朝倉喬司[アサクラキョウジ]
1943年岐阜県生まれ。早稲田大学第一文学部社会学科中退。以後、遊んで暮らす二年余、業界誌を経て、『週刊現代』記者。記者生活十年余の後、独立、フリーのもの書きとして現在に至る。現在、全関東河内音頭振興隊隊長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。