日本再共同体論―何が現代日本を縛るのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本再共同体論―何が現代日本を縛るのか

  • 立花 弘志【著】
  • 価格 ¥2,860(本体¥2,600)
  • 現代書館(2000/11発売)
  • ブラックフライデー ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 52pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768467893
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0030

内容説明

日本社会の原理を解明する。

目次

1 失業率の逆襲
2 四十年周期の景気サイクル
3 年功賃金は「交換」である
4 電産十月闘争
5 日本が見た夢
6 試行錯誤の時代
7 一九四六年の奇跡
8 何が日本を苦しめるのか
9 「交換」の大統一理論
10 そして、日本はどこへ行く

著者等紹介

立花弘志[タチバナヒロシ]
1956年、兵庫県生まれ。京都大学卒業。広告プロダクション勤務を経て、現在フリーランス
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。